ウスケボーイズは実話、ワイン作りの青春映画!ロケ地やキャストは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年10月20日に公開される「ウスケボーイズ」ワインづくりに奔走し実在する若者に密着した実話をもとにした映画
万引き家族に続き海外で評価。スペインのマドリード国際映画祭で最優秀作品賞、最優秀主演男優賞をダブル受賞です。
日本の原風景がスクリーンに登場。ロケ地キャストについてご紹介します。

スポンサーリンク

ウスケボーイズってなに?

ウオーターボーイズのパクリのようなふざけた名前と思いましたがウスケというのは人の名前です。日本のワインを世界レベルに引き上げたレジェンド・麻井宇介さん
その麻井さんにあこがれてワインづくりに情熱を傾ける若者たちのことをウスケボーイズ

映画のモデルは誰?

岡本英史さん山梨県北杜市津金の土地でワインづくりをスタートしました。
1999年、ワイナリー「ボーペイサージュ(Beau Paysage/フランス語で「美しい景色」を意味する言葉)」を設立。

「ワインは人が造るものではなく、土地が造るもの」というコンセプトのもと、土地からこだわっている。

ウスケボーイズのキャストは?

渡辺大さんが主役です。お父様は渡辺謙さん、妹さんは女優の杏さん。義弟は東出昌大さん。そうそうたる家族構成ですが・・・。
渡辺大のwiki風プロフや母と杏との関係は?嫁や子供はいるの?気になる学歴
共演は大鶴義丹さん、和泉元彌さん、安達祐実さん、升毅さんなどユニークで個性派の方々が大集合。
実際の畑でロケをするので作物を傷つけないよう細心の注意を払いながらの撮影だったようです。

スポンサーリンク

ウスケボーイズのロケ地は?

岡本さんのワイナリーが実際に使用している畑なので会社近辺ではないでしょうか?

標高800mの高い場所にあり雨も少ない気候

《画像引用元:日本の文化を巡る旅HP

ワイナリー「ボーペイサージュ(Beau Paysage)」

映画はレジェンド・麻井宇介が生んだ「桔梗ヶ原メルロー」に魅了され、ワイン作りに奮闘する物語。実話のモデルがワイナリー「ボーペイサージュ(Beau Paysage)」を設立した岡本英史さん
驚くことはすべて岡本さん自ら一人で手作りをしているということ。もちろん畑の吟味、土地の状態、管理しているのは人任せではなく自分の手で作業を行っているという。ブドウを摘みゆっくりと熟成していく。
熱い思いがなければできないだろう。今、岡本さんのワインは入手困難で《奇跡のワイン》と呼ばれています。

まとめ

ウスケボーイズとはワイン会のレジェンド麻井宇介の名前にちなんでワイン情熱をかける若者の総称。

ワインといえばヨーロッパのイメージだが日本の風土でも世界に通じるワインが醸造されている事実に感動しました。

主演の渡辺大さんは大物俳優渡辺謙さんの息子。妹は杏さん、義弟は東出昌大さんという芸能人一家。奥様は一般の会社員だったそうですが、23歳でご結婚。しかも授かり婚??なれそめがとても気になりますね。そうやって知り合っただろう?

実際のブドウ畑のロケーションがスクリーンいっぱいに広がればかぐわしいワインの香りが漂ってきそうです。現地ロケは映画の醍醐味です。

スポンサーリンク

おすすめの広告
おすすめの広告
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下
スポンサーリンク