一年に一度は確定申告

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1年に一度は確定申告を行う必要があります。しかし、収入を得た誰もが行わなければいけない訳ではありません。サラリーマンの方でしたら、給与から所得税が源泉徴収されておりますし、年末には年末調整が行われますので、確定申告が必要ない方も多いです。しかし、場合によっては申告手続きが必要となることもありますので、制度を理解しておくことも重要です。
まず誰が確定申告を行わなければいけないのかと言いますと、基本的には所得が有る人と言うことになります。給与所得以外でも、配当所得、不動産所得、事業所得、退職所得、雑所得などがある人が対象となります。ただし、この中から申告を行う必要が有る人は、一定の要件を満たした人と言うことになります。一定の要件には、所得金額が含まれます。いくらから確定申告が必要になるのかと言いますと、給与収入を得ている方は、年間の収入金額が2,000万円を超えた方が該当します。公的年金を得ている方は、所得控除した後に残額が有れば申告を行う必要がありますが、公的年金の収入が400万円以下の場合は申告の必要がありません。また雑所得が年間20万円を超えた場合も、申告手続きが必要となりますので、サラリーマンや専業主婦の方でも株式投資などで年間20万円以上の所得を得た場合は、確定申告が必要となります。
このように、確定申告は誰もが必要な手続きではなく、様々な条件によって申告の有無が決まってきます。また申告の必要の無い方でも、各種控除によって税額を抑えたり、還付を受ける為には確定申告が必要となります

スポンサーリンク

おすすめの広告
おすすめの広告
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下
スポンサーリンク