ポケモンGOなぜ面白い?遊び方や人気の理由はこれ!

スマホ

やりはじめるともちろんおもしろい
都会はもちろん田舎にでも結構ポケモンがいるんだもん。

運転してても親子で歩道を歩いているのも見るとデメリットばかりじゃなくって
コミュニケーションのツールになってるのかな?

夢中になりすぎて事故に遭わない事だけは気をつけましょうね。
魅力を語りますよぉ~!

スポンサードリンク

ポケモンの世界を実体験できる

まず何より「ポケモンGO」の魅力は、現実世界にいながらポケモンのゲームを体験できるところにあります。

ポケモンといえば、出現した野生のポケモンにモンスターボールを投げて捕獲し、捕まえたポケモンを育成するゲーム。

簡単に言うとポケモンのゲームを現実世界にいながら楽しめるのが「ポケモンGO」です。

スマホで現実世界を映すと、スマホの画面にポケモンが出現します。

画面を指でスライドしてポケモンに向かってボールを投げ、運が良ければ捕獲成功。

捕獲に必要なモンスターボールなどのアイテムは、「ポケストップ」と呼ばれるエリアに行けば無料で手に入ります。

ゲットしたポケモンはアイテム「ほしのすな」や「ポケモンのアメ」を使うことで育成・進化させることができます。(進化しないポケモンもいます)

ポケモンを探す→ゲットする→育てるといったポケモンシリーズの一連の流れを現実世界にいながら疑似的に体験することができるのがポケモンGOの面白さの1つになっています。

今までゲーム世界でしかできなかった行為が現実世界でスマホ片手にできるのですから、そりゃ20年前からポケモンをプレイしているファンは夢中になるのもうなずけますね。

スポンサードリンク

ポケモンバトルはジム争奪戦?

また、ポケモンのもう1つの目玉である「ポケモンバトル」ですが、ポケモンGOではちょっと変わったバトル形式をとっています。

トレーナーは3つあるチームのうち1つに所属し、自分が所属しているチームのポケモンジムをかけてほかのトレーナーのポケモンとバトルします。

ポケモンジムはまだ誰も所属していない無所属のジムに自分のポケモンを配置(トレーナー1人につき1匹)することでジムを自分チームのものにすることができます。

相手チームのトレーナーが、自分のジムに勝負を仕掛けてきたら、配置したポケモンを繰り出し迎え撃ちます。

勝利すればそのジムを守り抜くことができますが、敗北してしまうと「名声」を失ってしまい、名声がゼロになるとそのジムは奪われてしまいます。

ジムの名声やレベル(上げるとよりたくさんのトレーナーのポケモンを配置できる)は配置されたポケモンとのトレーニングにより上げることができます。

ポケモンGOにおけるポケモンバトルは、相手チームのジムに挑みジムを陥落させ、逆に自分のジムは奪われないように必死に守り抜くといったこれまでにない斬新なルールで行われます。

通常のポケモンバトルとは一線を画す仕組みになっていますが、それでもポケモンを育成しジムに挑むという基本的な流れは損なわれていないのもいいですね。

まとめ

以上、「ポケモンGO」がなぜここまで人気なのか、どこがおもしろいのかを自分なりにまとめてみたわけですが、やはり「ポケモンシリーズの世界観を現実世界で疑似的に体験できる」から日本のみならず世界各地で大人気になってるのではないでしょうか。

スマホの画面を通じて現実にある場所にポケモンが出現し、ボールを投げてゲットすることができるだけでもポケモンファン大歓喜ですね。

でも私はながらスマホに細心の注意を計り、立ち止まり安全に注意しつつ(ここ重要)プレイしたいですね。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。