紫外線対策はいつから?必見!クリームの塗り方。おススメの食べ物は?

日差し

地球の温暖化が叫ばれてから
ずいぶんと経ちますよね。

最近の日本は
本当に春と秋が短い気がしませんか?
暑いか寒いか!

今年も真夏日の記録更新が5月から始まるし
台風も数個やってきてます。

暑くなったら日焼けが心配です。
ゴールデン番組で
紫外線対策の特集をやっていました。

新常識っという感じがしたので
まとめてみました。

まだまだ大丈夫って思ってる
紫外線対策はもう始めなきゃ!

スポンサードリンク

紫外線対策はいつからなの?名医が教える効果的な5つの対策

7月8月の真夏が一番紫外線が多いと思っていませんか?
一年で一番紫外線が多いのは
6月です。

すぐに対策をしましょう!

最近、名医と言われる人が
やっている
紫外線対策の5つの方法をご紹介します
この紫外線対策は
なんと一石二鳥で
ダイエット効果もある優れものです。

1.一日5食
2.ホワイトオムレツを食べる
3.お風呂上がりに首の回りを冷やす
4.長時間外出の際は○○○を一パック食べる。
5.油断して日焼けした場合は○○○ヨーグルトを食べる

一つずつ説明していきます。

1.一日5食

食事の回数を増やすことによって
血糖値が上がるのを防ぐためです。
食事の回数が少ないと食べた後に一気に血糖値があがり
糖が多くなります。

糖はまず肝臓や筋肉に運ばれます。
許容量を超え
多く出てきた糖は
脂肪細胞にどんどん貯まっていきます。
皮下脂肪が多くなり血液の循環も悪くなります。
肌への栄養も届きにくくなりますね。

2.ホワイトオムレツを食べる

たまごの卵白には
とても豊富で良質なたんぱく質が含まれています。
シミのできた肌を
素早く健康な肌に再生するためには材料である
たんぱく質が必要です。

3.お風呂上がりに首の回りを冷やす

以前は肩甲骨の周りに褐色脂肪細胞が多くあるとされていました。
褐色脂肪細胞・・・余分な栄養を熱に変換して放出する働きがある。)
褐色脂肪細胞の働きを活発にすると肥満を防止する効果がある。

2013の研究発表では褐色脂肪細胞は
肩甲骨の周りより首周りに多いとのこと。
 首のまわり・・93.5%
 鎖骨・・・・・75.6%
 腋のした・・・57%

≪やり方は簡単≫

500mlのペットボトルに8分目の水を入れ凍らせておく。
(一杯に水を入れると持ち手が冷たくなるため)
お風呂上がりに首周りでコロコロ転がす。
鎖骨周りも冷やす

冷えると褐色脂肪細胞が活発に働き代謝が良くなる。

18℃以下になればいいので
冷やし過ぎには注意。
通常は2~3分
冷たいと感じる前に止めるのがコツです。

スポンサードリンク

4.長時間外出の際は○○○を一パック食べる。

紫外線を浴びるのはわかっていても
外出しなければいけないときもあります。
出かける前に食べたほうがいいものがあります。

イチゴです。

ビタミンCがとても豊富で
ダメージを受ける肌を内面から守ってくれる働きがあります。

5.油断して日焼けした場合は○○○ヨーグルトを食べる。

もしも油断して日焼けしまったら
少しでも早くお肌の修復を助けてあげましょう。

そんなときに食べたらいいもの

ホットヨーグルト

えっ???って思いましたが
ヨーグルトの乳酸菌を活発にします。
温められた事により乳酸菌の発酵を助け
腸管に届いた際、血流もよくなり
肌の細胞修復を助けます。

深いお皿に入れ湯せんで温めます。
40~50℃ぐらいを目安にしてください。

 

紫外線対策の効果的な日焼け止めクリームの塗り方は?

間違った塗り方をわたしもやってました!
ほとんどの方がやってるかも??ですよ。
手にとって顔全体に擦り込む。
しかも強めにゴシゴシ擦り込んでいました。

これはNGです。
クリームがムラになっていて
肌の露出部分が残ってしまうんです。

逆にいえばまだらに日焼けするとと言う事です。

正しい塗り方は
顔の五ヶ所にクリームを置く
額・両ほほ・鼻・あご
その場所から押さえるように広げていく。

擦り込むよりずいぶんと時間はかかりますが
目的は紫外線対策で日焼けしない事ですから。
ていねいにクリームをつけましょう。

ブロックする意味で少し厚めに塗るのがコツです。
押さえていくと顔全体ムラなく紫外線を防げます。

腕や足に塗る時も同様
小分けにおいて
押さえこむように塗ってください。

まとめ

今回の紫外線対策特集のTV番組の冒頭で
衝撃的な写真がありました。

長年トラックの運転手をされた方の
顔写真。

右半分と左半分が
明らかに違う。
運転でずっと紫外線を浴びた顔側は
多数のしわとシミ。
劣化状態でした。
長い間の積み重ねという事。

シミやしわを防ぐ紫外線対策
私たちの毎日のコツコツ努力が
大事ということである。

何歳からでも遅くない。
説明されていた女医さんも40半ばで
見事にダイエットと美肌を手に入れていらした。

紫外線に負けないからだは
代謝のいい身体。(肌の修復・再生も早くなるから)
だからダイエットも
効果が期待できる。

美しさと健康が手に入るんだから
やってみる価値大です!!!

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です