国民の祝日の素朴な疑問!土曜日が祝日と重なった場合はどうなるのか?

キャンプ

いよいよ行楽シーズン。 行楽シーズンといえば気になるのが連休です。

ところで祝日といえば土曜日が祝日の場合は休みの構成はどうなるのでしょうか?

これにより連休ができるかどうかが決まり、行楽シーズンを楽しみにしているお子さんや主婦(!?)にとっては旅行に行けるかどうかの瀬戸際となる大事な時期となるわけなのです。多分。

というわけで休日が土曜日と重なった場合はどうなるのかをご説明いたしますのでお役に立てたら嬉しいです。

スポンサードリンク

土曜日と重なる可能性のある祝日

まず最初に、2016年現在土曜日と重なる可能性のある祝日をまとめました。

元日(1月1日)

建国記念の日(2月11日)

春分の日(3月20日or21日)

昭和の日(4月29日)

憲法記念の日(5月3日)

みどりの日(5月4日)

こどもの日(5月5日)

山の日(8月11日)

文化の日(11月3日)

勤労感謝の日(11月23日)

天皇誕生日(12月23日)

一覧を見ていただければわかるように、日付だけが決まっていて曜日が特定されていない祝日は曜日構成によっては土曜日と重なってしまう可能性があります。

日本の国民の祝日は2016年10月現在全部で16個ありますが、その大部分が土曜日に重なるかもしれないということですね。

スポンサードリンク

土曜日が祝日になると・・・?

もし国民の祝日が土曜日だった場合、振替休日はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、振替休日にはなりません。

振替休日にはルールがあり、祝日が日曜日と重なる時、翌日が振替休日となります。

土曜日も休日なので振替休日くらいあってもいいのでは?と思う方も数多くいらっしゃると思いますが、土曜日は休日と定められていないため土曜日が祝日となっても振り替え休日は増えないんです。

来年2017年は休日が少ない?

そして、この悲しい事実に加えさらに追い打ちをかける事実が。

来年(2017年)は祝日の多くが土曜日になってしまうケースが発生してしまい、先述のように振替休日もないため実質その分休日が減ってしまいます。

ただでさえ休日出勤が多く休暇が取りにくい日本なのに、連休が少なくなるとせっかくの旅行シーズンにどこにも出かけられないということも・・・

これを機に土曜日を休日と認める法律を出してくれれば少しはましになるとは思うのですが…果たしてどうなることやら。

さいごに

日本中全員が日曜日を含む週末がお休みではないのですが、本当に日本はバケーションといわれる長い休みが取れないですね。定年後なんて言ってると健康状態が気になって・・しかも年金だし。フランス人と結婚した同級生は一年のうち一ヶ月半から二か月はバカンスをとるそうでいつもその話や写真を見てはため息です^^

せめてもの祝日の連休・・・いろんな方が長期休みを交代で取れるよう日本にも何かいいアイディアがないかしら~。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です