箱根駅伝2016のスタート場所と時間は?出場校と注目おススメ選手!

富士山麓

すっかりお正月の風物詩になった箱根駅伝。
こたつに入ってみかんを食べながら家族で応援というスタイルが
ここ数年続いてます。

4年前からフルマラソンを始めてからは
見るようになった私。
昔は走るだけでお正月早々テレビを独占しないで!と
とても否定的でした。

現金なもので
今年もどんなドラマがあるかと思うと今から
ドキドキしています。

スポンサードリンク

箱根駅伝のスタート場所と時間は?

箱根駅伝
正式には 東京箱根間往復大学駅伝競走と言います。

2016年1月2,3日の二日間の開催両日とも8時スタート
一日目往路(東京:大手町~箱根:芦ノ湖)
二日目の復路は逆になり箱根:芦ノ湖スタートで
東京の大手町にある読売新聞社前がゴールになります。

往路(107.5キロ) 復路(109.6キロ)とも
5区、10人の選手がタスキをつなぎます。

往路優勝・復路優勝・総合優勝を決めます。

チームエントリー

選手としての登録人数は16人。
正選手10人と控え(補欠)選手が6人です。
留学生のエントリーは2人までで
実際に出走できるのは一人である。

本大会のエントリーは予選会を含めて4回まで。

箱根駅伝を走る出場校

10月17日に東京・陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念コース(20キロ)で
第92回予選会がありました。
(太字はシード校・・前年度10位以内は予選会なしで出場可)

青山学院大学・駒澤大学・東洋大学
明治大学・早稲田大学・東海大学
城西大学・中央学院大学・山梨学院大学
大東文化大学・
日本大学・帝京大学
日本体育大学・順天堂大学
神奈川大学・拓殖大学・法政大学
中央大学・東京国際大学・上武大学
関東学生連合

※東京国際大学は創部5年目初出場

※予選会10位の上武大学と11位の国士舘大学は10秒差で
 天国と地獄を味わった。

箱根駅伝2016おススメ注目選手

神野選手(青山学院)

青山学院の神野選手は箱根ファンみなさんが
注目されてるのでご存知ですよね。
去年新・新・山の神として
区間賞をも塗り替えた人気者。
あどけない笑顔が印象的です。
優勝してからバレンタインチョコが
増えたのが嬉しかったとコメント。

今年はもっとたくさん届くかな?

馬場選手(駒澤)

その神野選手と去年5区を
争った駒澤大学の馬場選手
今年もリベンジで5区を走るのか??
去年、一位でタスキをもらうも神野選手に抜かれた後
ふらふらになりながら走った姿は目に焼き付いています。
息子を持つ母として親御さんの気持ちを思うと
心が締め付けられる思いでした。
監督さんの手が触れたらおしまい・・
ハラハラして見ていました。

レース後に何度か馬場選手のインタビューを
ききましたが
駅伝を辞めようとも思ったそうです。
仲間や監督さんの想いがまた箱根を走る気持ちに
火をつけてくれたそうです。

いろんなトラブルやアクシデントがあるたび
聞く言葉
「箱根の借りは箱根で返せ」
頑張ってほしいですね。

スポンサードリンク

オムワンバ選手(山梨学院)

外国人選手にはやはりごぼう抜きを期待しますね。
2013の時の16位⇒4位は見ていて爽快な気分でした。
今年は4年生最終学年。箱根駅伝最後の年に
どんな走りを見せてくれるのか??

大久保選手(大東文化)

芸能界だけではなく駅伝界にも二世選手が大活躍!
父親の大久保初男さんは
1974~77年に4年連続5区の区間賞という
偉業を成し遂げている。
元祖・山の神!
名前も陸人(りくと)、走るために生まれてきた??
一年生ですがこれからが楽しみ!

キトニー選手(日本)

10月の箱根駅伝の予選会では個人の部で
堂々一位。両手をぐるぐると回しながらのゴールは
記憶に新しいですね。二区での走りが母校の順位に
どう反映されるでしょうか?

徳永選手(中央)

9月の日本インカレの大会で
1万メートルを28分52秒29
見事に日本人トップの4位に入賞。
予選会では母校を8位に導いた。

スタンレイ選手(東京国際)

予選会では個人記録3位。
大学創立50周年の節目に初出場を決めた母校に
貢献した。

我那覇選手(神奈川)

珍しい名字なので何と読むのか去年調べた選手。
≪がなは≫と読む。堀の深い顔立ちと名字から
沖縄の選手かと思ったが横浜出身。
去年の予選会では首位通過に尽力。
今年は主将でチームを引っ張る走りをみたい。

まとめ

個人で走るのではなく
母校の誇り、親や仲間への感謝
つなぐタスキに込めたいろんな想い。

プレッシャーを背負いながらも走る姿が見ている者
応援するものに感動を与え
そして多くの勇気をもらう。

⇒箱根駅伝2016のコース各区の観戦ポイントと通過時間や距離

沿道に出向いてもいいし
テレビの前で大声で叫んで応援してもいい。

2016年の幕開けは
やっぱり箱根駅伝で決まりですね。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です