台風24号のたまご発生2015進路の最新!米軍情報は?沖縄への影響は?

変な雲台風

本当に今年は台風の当たり年ですね。
まだまだ名前もつかない”たまご状態”ですが台風24号が発生しました。

日本のはるか南の海上で熱帯低気圧が発生しています。
今後は発達して台風24号となり沖縄地方に接近するのでしょうか?

スポンサードリンク

台風24号のたまご発生2015進路の最新!

気象庁からの台風としての発表はまだですが
熱帯低気圧が発生し台風24号になる可能性があります。
いまはたまごの状態ですが 最新情報を得るようにしましょう。

熱帯低気圧
平成27年10月13日09時50分 発表

<13日09時の実況>
熱帯低気圧
存在地域 マリアナ諸島
中心位置 北緯 15度20分(15.3度)
東経 142度55分(142.9度)
進行方向、速さ 西 15km/h(8kt)
中心気圧 1002hPa
中心付近の最大風速 15m/s(30kt)
最大瞬間風速 23m/s(45kt)

熱帯低気圧a(台風24号に発達??)台風25号になりそうなのは熱帯低気圧b
台風24気象庁≪画像引用元:気象庁HP≫

台風の名前は? 

24号25号と熱帯低気圧が発達すれば命名されます。
台風の名前はどうやって決めるの?
予想では
24号 日本が提案の Koppu コップ    コップ座

25号 ラオスが提案の Champi チャンパー   赤いジャスミン

※二つの台風が発生した場合です。

スポンサードリンク

台風24号のたまご発生2015進路の最新!米軍情報は?

米軍情報というのハワイにある「JTWC」米軍合同台風警戒センターから出されたものです。
「JTWC」米軍予報の熱帯低気圧情報によると、

熱帯低気圧レベルは3段階

【HIGH】レベル:監視対象であり、今後24時間以内に発達すると思われるか、もしくはすでに発達が始まっているけれども、まだ台風警報を出す基準には達していないもの
【MEDIUM】レベル:監視対象であり、今後24時間以内に発達する可能性は高まってはいるが、発達するまでには24時間以上かかりそうなもの
【LOW】レベル:監視対象ではあるが今後24時間以内に発達する可能性が低いもの

気象庁の表している熱帯低気圧aが米軍情報では【HIGH】レベル 
熱帯低気圧bが【MEDIUM】レベル

24時間以内の発達状況を待つことになります。

24号米軍
≪画像引用元:米軍合同台風警報センター(JTWC)HPより≫
※台風の名前の所のTC Warning Graphicをクリックします。
※世界基準値であらわされていますので9時間を足すと日本時間になります。
 13/14Z =10/13の14時ですので日本時間だと 10/13の23時(午後11時)ということになります。

台風24号のたまご発生2015進路の最新!沖縄への影響は?

熱帯低気圧の状態の為、発達の速度次第ではどちらが台風として
影響を及ぼすかわからない状態です。

二つのどちらかが発達して台風になり北上すると沖縄地方には近づく可能性が大きくなります。
進路方向にお住まいの方はもちろんのこと
ご旅行の計画、仕事の予定がある方は今後の情報に十分注意してください。

まとめ

熱帯低気圧の状態でたまごの段階ですが
台風24号になる可能性が高まっています。

最新の情報を常に確認し予定の変更などがあれば
早めの対策をとってください。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です