御神酒はいつ飲むのか、また読み方や飲み方、意味はなにか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

“御神酒の読み方はおみきと読みます。御神酒の意味は家庭だと神棚、外だと神社など神様にお供えしたお酒のことを言います。御神酒は主に結婚式や新年の時などに行われ、神様のものを少しいただく、という意味があります。御神酒は普通の居酒屋などではふるまわれません。いつ飲むかといえば新年に神社に訪れた際にいただくことが多く、そのため飲み方に作法があります。
まず、飲み方としては一度手をたたき、次に盃をとります。この時両手で受け取るようにしましょう。その後注いでもらい、3口ぐらいにわけて飲みます。その後指で飲んだ部分を拭き、盃を置きます。なお、新年の場合は略されることが多いです。御神酒の読み方は間違えやすくいつ飲むのか悩みますが、日本の伝統的なことでもあるので覚えておくと安心です。”

スポンサーリンク

おすすめの広告
おすすめの広告
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下
スポンサーリンク