織田信長 本能寺の変!真犯人は?歴史の真実を簡単にまとめる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪城

歴史は勝者により、改ざんを繰り返されています。
ですから、通説になっている史実にも、
細かく挙げれば沢山の矛盾点があります。

スポンサーリンク

しかし、それらをすべて吟味し、
客観的で明らかな間違いのない「正しい歴史」を知る事は、不可能です。
盛者必衰は日本国内だけでも、
あちこちで繰り返されてきたし、何より死人に口なしだからです。

スポンサーリンク

ここでは、織田信長 本能寺の変を例に、通説が真実なのか?考えてみます。
簡単にまとめると、仮に明智光秀が大きく関わっていたとしても、それを教唆した黒幕が存在した、
というのが、盛んに言われ、より真実に近いと考えられます。
秀吉、家康、朝廷、足利家と、黒幕候補には諸説ありますが、
直後に天下統一した豊臣秀吉がいちばん濃厚でしょう。
毛利と簡単に和睦し、すぐさま光秀を伐ったのも、
主君殺しを光秀一人に押し付ける為、予定していたとしたら納得しやすくなりますし、
何より本能寺の変を史実にまとめさせた張本人ですからね。

スポンサーリンク

おすすめの広告
おすすめの広告
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下
スポンサーリンク