AdobeとGoogleが新フォント「源ノ明朝」リリース 無料ダウンロード方法

源頼朝??と勘違いするこの新フォント
AdobeとGoogleが新フォント「源ノ明朝」リリース 無料ダウンロード方法

Wordやワープロで文書を作成するときに重要なのが「フォント」

文書のイメージや雰囲気を決める地味に重要な要素なのですが、このたび米AdobeとGoogleが共同開発した新フォント、「Source Han Sherif」(Googleでは「Note Sherif CJK」)、通称「源ノ明朝」がリリースされたことが発表されました。

スポンサードリンク

「源ノ角ゴシック」と対になるフォント

源ノ明朝は、東アジアで使用されている4つの言語(日本語、韓国語、中国語簡体字、同繁体字)をカバーしていて、同じ漢字でも言語によって太さや細かい形が異なる部分も的確にサポートしています。

【画像引用元:源ノ明朝】

同じくAdobeとGoogleと共同開発され、4つの言語で使用されている漢字のデザインを統一したフォント「源ノ角ゴシック」と対になります。

このフォントによるウェイト(文字の太さ)は全部で7種類。 バリエーション豊かですね。

更に日本語特有の縦書きにも対応しており、カッコなどの特定の文字や記号は自動的に向き弥一が変わるように調節されます。

開発に携わったSandollのCEO、Geumho Seok曰く「これは複数言語を取り扱うデザイナーにとっては重要なリリースです。 これらのフォントによって、Unicodeでテキスト表示したときに『文字化けが発生しない(空白の四角形(□)が表示されない)』という目標が達成されます」とのこと。源ノ明朝

今まで統一された1つのフォントでしか使用できなかった日中韓の言語が、それぞれの言語の字形で使用できるようになり、これは見やすさも使いやすさも格段にアップしそうです。

スポンサードリンク

無償で配信中

さらにこの源ノ明朝は、GitHubのプロジェクトページなどから無料でダウンロードできるオープンソースフォトです。

以下のリンクからお好きな方を選んでダウンロードし、使ってみてください。

Source Hans Sherifからダウンロード

typekitからダウンロード

さいごに

一瞬、源頼朝(みなもとのよりとも)??と勝手に頭の中で変換してしまいました^^
人間の思い込みって怖いですね。

源ノ明朝という新しいフォントを使用すればワードでの文書作成も少しははかどるかも?

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。