年越しそばにおすすめインスタントカップ麺は?M-1のどん限定予約販売!

toshikoshi_soba_animal

早いもので2016年ももうあと少し。 年末年始に向けて鏡餅、大掃除、初詣などいろいろ準備すべきものがありますがその中でも代表格なのが「年越しそば」

最近では茹でるのがめんどくさいということでカップ麺で済ませる家庭も結構あるのだとか。

年越しインスタントそばの代表格といえば「日清のどん兵衛」と「赤いきつね・みどりのたぬき」です。

スポンサードリンク

日清のどん兵衛

まずは日清食品が販売しているカップそば・うどんブランドの「どん兵衛」。

「どんばれ」のCMでおなじみのどん兵衛ですが、どん兵衛は天ぷらそばがあり、西日本、東日本、そして北海道で味が若干異なるのが特徴です。 「今年は食べたことのない味に挑戦してみよう!」というのも面白いかもしれません。

また、来週12月15日(月)には「日清のどん兵衛 年明けうどん」が販売開始されます。

年越しそばと比較すると年越しに食べるイメージがなさそうなうどんですが、興味のある方はぜひ食してみてください。

そしてそして、12月8日(木)午前10時より、M1王者銀シャリのお2人がパッケージを飾るスペシャル版「M-1のどん」(うどん)が専用サイトにて限定予約販売が開始されます! 2016年の締めくくりとしてこちらを購入してみるのも面白そうです。

スポンサードリンク

その他あまり知られていない変わり種のそばとして鴨だしそば、豚ネギそば、旨辛鶏だし太そば、そして誕生40周年を記念して販売される「金ごま担々そば」なんてのも発売されます。

「普通のどん兵衛のそばには飽きた!」という人はこちらも味わってみては?

赤いきつねと緑のたぬき♪

続いては東洋水産のカップうどん・そばブランド「赤いきつね」と「緑のたぬき」。こちらも東と西でスープの味が異なります。年越し「そば」を食べたいという方はやはり緑のたぬき。 

ですが、東洋水産の方もあまり知られていないマイナーそばがあります。

関西肉そば、紺のきつねそば、鴨だしそば、山菜乱切りそば(北海道限定)がそれにあたり、もしスーパーなどで出会えたらラッキーかも?

「年明けうどんが食べたい!」という方はいつもの赤いきつねのほかに、白い力もち、黒い豚カレー、あつあつ豚汁うどん、アツアツ牛すきうどん、バリうまごぼ天うどん(九州限定)などがあります。 こちらもどうぞ。

さいごに

他にもたくさんのカップそばがありますが、やはりインスタントのそばと言ったら日清と東洋水産の2択になるのではないでしょうか。あなたは、どちらが好きですか?良いお年をお迎えください。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。