スマホのタッチペンは購入すべき?メリットとデメリットまとめ

スマホ

今や持っていない人の方が珍しい「スマホ」。

説明するまでもありませんが、スマホは画面をタッチしたりスライドしたりして操作します。

この時、誰もが一度は経験するのが誤タッチ

特にツムツムやパズドラなどのパズルゲームなどで自分が思っているところをタッチしても違う場所が反応してしまうと致命的。

そんな誤認識や誤タッチによるストレスを軽減してくれるのがタッチペン

スポンサードリンク

タッチペンによるメリット

最近はスマホはタッチペンで操作している人も増えているようですが、なぜタッチペンがいいのかというと…

先述したようにタッチミスや誤認識の数は減少することがありますね。

私もツムツムをプレイしているので分かるのですが、指で操作すると画面に触れる面積が広いので誤認識しやすく、摩擦のせいでスムーズに滑らせることが難しくなるのもしばしば。

しかしタッチペンだと直接画面に触れるペン先の面積が小さいので誤タッチも少なく、摩擦も少ないので滑りも滑らか。

商品にもよりますが、指で操作するよりもタッチペンで操作する方が快適ですね。

そのうえ、値段も1000~2000円前後でそこまで高くつくことはないのでお財布にも安心です。

スポンサードリンク

タッチペンのデメリット

しかし、タッチペンには少なからずデメリットもあります。

まず、持ち運びに少々不便。

ニンテンドーDSのようにスマホにタッチペンの収納スペースがないので、ポケットに入れる等しておかねばなりません。

一応製品によってはストラップのようにスマホに付けたりフックで胸ポケットに引っかけたりということはできるのですが、見た目重視の人にはほかのストラップもつけたいでしょうしボールペンとタッチペンが2つポケットにかかっていると違和感があるという人も少なからずいるでしょう。

まあこれは利便性というよりは外見の問題なのでそこまで気にすることはないと思いますが。

むしろタッチペンで気を付けるべき点は、タッチスクリーンの方式によってはタッチペンが反応しないことがある点です。

スマホのタッチスクリーンは一見どれも同じように見えますが、体を流れる静電気を感知する方式やタッチにより電極を接触させる方式、触れた位置の超音波の波長の変化により感知する方式など、様々な方式を採用しています。

そのため、商品によっては反応しないものや反応しにくいものがあります。

購入の際はあなたがお使いの機種に対応していることを必ず確認するようにしましょう。

まとめ

以上、スマホのタッチペンについていろいろ語ってみました。

スマホのタッチペンを購入する際の参考になれば幸いです。

我が家でもスマホ専用のタッチペンを購入するかどうか悩んでいたので、この機会に購入を検討してみたいと思います。

(ほぼ購入決定ですが・・・^^)

◆Amazonスマホ用タッチペンランキング

◆楽天市場ランキング

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です