サマーライトガーデン「MIDTOWN SUMMER 2016」開催!花火、アシミズは東京ミッドタウンへ

府中花火

東京は「涼を感じる」にちなんだ開催されるイベントが今年も盛りだくさん。
そのなかでもおしゃれな大人イベント!東京六本木にある「東京ミッドタウン」にて、7月15日(金)~8月28日(日)に行われる大人の夏祭り「MIDTOWN SUMMER 2016」です。

去年はこの気になるイベントが大盛況(特に花火が)だったので、今年も盛り上がりそうですね。

スポンサードリンク

サマーライトガーデン (荒天中止)

まずは今回のイベントのメイン、夏の夜空を彩る美しい花火が楽しめる「サマーライトガーデン」です。

東京ミッドタウン

◆地下鉄をご利用の場合
・都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
・東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結
 ※ 日比谷線「六本木駅」より車椅子にてお越しの場合、4a出口より地上からお越しください。
・東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
・東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分

◆バスをご利用の場合
・都01・渋88・反96「六本木駅前」下車徒歩約2分
・ちぃばす「六本木七丁目」、「檜町公園」下車徒歩約1分

昨年2015年でも好評だったこのイベント、今回はなんと「日本三大花火大会」と呼ばれる「長岡まつり大花火大会」(新潟県長岡市)、「全国花火競技大会(大曲の花火)」(秋田県大仙市)、「土浦全国花火競技大会(土浦の花火)」(茨城県土浦市)とコラボした最高峰の花火大会を楽しむことができます!

花火大会の最高峰3大会が1つの大会で見れるめったにない機会なので花火マニアには見逃せないイベント。
各大会事務局の監修のもと、開催期日ごとに異なる3つの匠の花火を美しいイルミネーションや音と共に六本木の夜空をカラフルに彩ります。

日本三大花火大会の花火は1時間に3回打ち上げられ、雨天でも見ることができます。 すごい花火ですね。
都会の夜空を彩る花火を眺めるのも、とても風流さがあふれる体験を味わえます。

スポンサードリンク

ミッドパークカフェ

花火だけではありません。 今年の夏まつりでは7回目となる「バカルディ ミッドパーク カフェ」ではこれまた世界最高峰のプレミアムラム バカルティの全面協力により、日本3大花火大会とコラボしたモヒート(カクテル)を提供。

他にもバターモヒートやフルーツモヒート(期間限定)などのモヒートのカクテルを楽しめます。
フードメニューはバカルディ8に漬け込んだスペアリブやロティサリーフリフリチキンがとても人気!

最高峰の花火を酒の肴に、最高峰のカクテルを楽しんでみては?

風鈴彩祭

続いてはこちらも夏の風物詩風鈴の展示コーナー「風鈴彩祭」の紹介です。
北は北海道南は沖縄まで、全国津々浦々から集められた15種類の風鈴を館内に展示します。
今回で4回目となるこのイベント、様々な風鈴の顔を眺めながら、聞くだけで涼しげな気分になれる音色を聞くことができます。

中には有田焼など伝統工芸で作られた珍しい風鈴も。

最近ではめっきり見かけなくなった風鈴。 この機会にぜひ「昔懐かしい納涼の夏」を体験してみては?

アシミズ (雨天中止)

最後は体の芯から涼しくなれる…かもしれない足湯ならぬ「アシミズ」(足水)の紹介です。
ミッドタウン・ガーデンを流れる小川に足を浸し、障子が張られた「丸窓」の造作を眺める、都会にいながら夕涼みできるコーナーです。

暑い中座って足を冷やせば存分にリラックスできるでしょうし、古来の日本をイメージした丸窓を眺めればまるで軒下でのんびりくつろいでいる気分になって、より一層涼しく感じるのではと思います。

まとめ

以上、今年の「MIDTOWN SUMMER 2016」を解説してみましたが、やはり今年も楽しそうなイベントが目白押しですね。 なんだか私も行きたくなっちゃいました。(笑)

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。