水陸両用バスツアー4選の開催地や期間のまとめ!横浜は限定?!

バスの運転手
みなさん、一時期話題になった水陸両用バスをご存知でしょうか?

普通のバスは当然陸を走りますが、水陸両用バスはその名の通り水中を走ることができるバスのことです。

日本でもいくつかツアーがあり、大阪や東京スカイツリー周辺など日本各地で行われています。

スポンサードリンク

日本の水陸両用バスツアーまとめ

ダックツアー

大阪の日本水陸株式会社では日本各地でダックツアーを経営しています。

具体的に言うと大阪のほかに、琵琶湖、諏訪湖、湯西川、みちのく(運休中)、ハウステンボス、霞ケ浦コースが運航中です。

それぞれのコースで料金やコース、時刻表が大きく異なるので公式サイトでよく確認したのちに予約するようにしましょう。

スプラッシュ神戸

大阪の他にも、神戸一帯を巡るツアー。
水陸両用船「SPLASH ONE」で巡る神戸観光ルートから神戸の名所をご紹介します

スプラッシュ神戸はポートタワー近くの神戸メリケンパークを出発し、市街地と港を欲張りにめぐる贅沢なツアー。

このツアー一番の目玉は海上へのスプラッシュ。 ここでザッパーン!!と波しぶきをあげて進むので迫力満点です。

また、運営している会社では何やら「街中遊園地」と呼ばれる企画が進行中。 ツアーと直接関係ありませんが、こちらも楽しみですね。

予約はSPLASHこちらから

スポンサードリンク

東京スプラッシュツアー

3つ目は東京が舞台のスプラッシュツアー。

東京スカイツリー前駅をスタート・ゴールとし、錦糸町、西大島、亀戸梅屋敷を通り1周するコース。

このツアーの最大の特徴は、やはり東大島「旧中川・川の駅」のスプラッシュポイント。

まるで遊園地のアトラクションのような水しぶきで涼んでみては?

運行時間、料金、ルートなどはSkyDuckこちらから

水陸両用スカイダック
≪画像引用元:東京スカイダック≫

そして横浜でも!?期間限定

そして最後に紹介するのは、横浜みなとみらいで社会実験的に運営されるツアー。
日本丸メモリアルパーク又は赤レンガパークの乗車場からスタートする2つのコースを設定。所要時間は約70分。
料金は大人3,500円、小学生以下 1,700円。

桜木町コースと赤レンガコースの2コースがあり、みなとみらいや関内地区を巡ります。

中には波が穏やかな時限定で新港埠頭を一回りするルートもあるみたいです。

運行期間は2016年(平成28年)7月27日(水)~東京オリンピックが開催される2020年(平成32年)の3月末まで。 結構長いですね。

東京オリンピックにあわせて本格的に運行開始する感じでしょうか?

詳細ははまこれ横浜

実験運用とはいえとりあえずは期間限定の4年間の間だけ運行するということなので、暇のあるうちに乗っておいた方がいいかもしれませんね。

まとめ

以上、今年の夏人気のツアーになるかもしれない水陸両用バスツアーをいくつかまとめました。

陸を走るバスが水の中を走ると初めての人はびっくりするでしょうし、子供は特に喜ばれそうですね。 今年の夏休みの思い出にもおすすめなのでぜひ!

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です