関門海峡花火大会のおススメツアー紹介。ホテルや宿泊も間に合うよ!

関門海峡花火

さぁ~~
あの有名な関門海峡花火大会
初参戦!

凄い人出と聞いて
今までニュースでしか見てなかったけど
今年は生で見ます!

思い立ったのが遅かったので
もちろんホテルが空いてない。
でも
いい案がありました!

まとめてますのでどうぞ!

スポンサードリンク

関門海峡花火大会のおススメツアー紹介

個人で今からいろんなことに取り掛かっても
大手の旅行会社が
すべて押さえてます。

ホテル然り、交通機関然りです。

花火大会をゆったりと見た場合は
ツアーが一番です。

高いよぉ~~という声も聞こえてきますが
すべてパックにしてくれてますので
前乗りもなく時間に余裕があります。

会場の下関にある
水族館がパックになっていたり
お隣の国韓国に行くパックも用意されています。

会場は山口県の西部
本州の端っこなので
韓国も九州もとても近いです

 

今年の開催日は

2015年8月13日(木)
打上時刻:19:50~20:40
場所:山口県下関市南部町 あるかぽーと
   JR山陽本線下関駅から徒歩20分

有料チャリティエリア
・大人(中学生以上)1000円
・小人(小学生以上)500円、
・特別観覧エリア前売り1300円
・当日1500円、イス席2000円。

 詳しい情報は下関21世紀協会(TEL:083-223-2001)

 下関21世紀協会ホームページにてご確認ください。

関門海峡花火大会(かんもんかいきょう はなびたいかい)とは?

山口県下関市と
福岡県北九州市門司区の関門海峡の両岸で
実施される花火大会のことです。

そもそも関門海峡って
どことどこの間にある海峡か
ご存知ですか?

下関の(山口県側)
門司の(福岡県側)の二文字を取って

関門海峡なのです。

佐々木小次郎のの戦いで有名な巌流島を挟んで
開催される真夏の世の夢。

両岸から打ち上げられる多数の花火は
まるで競っているかのように激しいです。

50分の間に両岸から
7000発近く(合計は約15000発)が立て続けに打ち上げられます。

西日本では一・二位を争う
光の祭典です。

1988年からは“アジアポートフェスティバル in KANMON”として
関門地区の合同イベントとして行われている花火大会になります。

両岸合わせて120万人の人出です。
下関側からだと
100万ドルの夜景と言われる北九州市と
花火とのコラボ迫力満点です。

だから
日程が迫ってるとツアーがお勧めなんです。

地元に詳しい2社をご紹介

防長トラベル

防長トラベルの出してるツアー
全国区ではないので穴場です!
まだまだツアー参加が可能ですよ。

サンデン旅行会社
サンデンはさきほどの
韓国旅行を兼ねた花火観賞はこちら
関釜(かんぷ)フェリーで参加
下関を釜山を結ぶ航路です。

九州方面は
西鉄トラベル

他にも
クラブツーリスト

阪急交通社などがあります。

まだまだ空きがありますので
見たいパターンを探して予約して見てください。

スポンサードリンク

関門海峡花火大会が見たい!ホテルや宿泊はどこにする?

花火の打ち上げ場所近くのホテルや旅館は
早くから満室です。
直前のキャンセルを狙うしかありません。

キャンセル料がかかり始めるころに
数件キャンセルはありますが
お盆期間ですし運ですね。

打ち上げ場所の
下関や門司は新幹線の駅が近くにあり
アクセスがとても便利です。

福岡県側
小倉や博多に宿を取っても不便はありません。

山口県側
新山口や徳山にホテルがたくさんあります。

新幹線で1時間もかからないので
近くで探すより見つかりやすいです。

保険をかける意味でもどこかに確保したいですね。
運よく近くに空きが出た際には
キャンセル料をきちんと払って
下関市内で泊まりましょう。

周辺のホテルをご案内します。

・小倉駅付近・戸畑駅
エスカル戸畑
コンフォートホテル小倉

・博多駅
サットンホテル 博多シティ(旧:サットンプレイスホテル博多)
ロイヤルパークホテル ザ 福岡

・新山口駅
山口グランドホテル
東横イン新山口駅新幹線口

・徳山駅

ビジネスホテル五十鈴
HOTEL AZ 山口徳山店

打ち上げ場所の近くの唐戸市場
チャリティー席が設けられますよ。
詳しくはHPに!
唐戸市場から打ち上げ花火を見る。

まとめ

120万人近くの人が押し寄せる
ビッグイベント
関門海峡花火大会です。

帰りの駅はごった返して
まるで都心のラッシュ時のような地獄絵図^^

ゆっくりと泊まると
楽ですよ。
関門海峡のまわりは見所たくさんです【たびノート】

朝早く唐戸市場で新鮮な魚介類を
堪能して下さいね。
ワンコインで新鮮でてんこ盛りの
海鮮丼は本当においしいです。

特にお車の方は
ホテルにクルマを置いて
公共交通機関がとても便利。
花火が終わっても数時間人も車も
動けないから帰れませんので!

しっかりプランを練って
素敵な夏の思い出を作りたいですね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

お役に立てましたか?

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。