アスペルガ―症候群の症状は?高機能自閉症って?発達障害って言われても?!

家族だんらん

最近増えてると言われる
発達障害

何が障害なの?
全く持ってわからない。
見えない障害とも言われてるけど
個性ともとれるし

難しいですよね。

スポンサードリンク

アスペルガ―症候群という言葉に出会って
13年経ちました。

アスペルガ―症候群って何だか不思議!わが子がわからない。

すぐに迷子になる。
検診などの集団行動の時動き回る。

とにかく小学校に上がるまでは
いつも冷ややかな同年代のママたちの目にさらされていました。

3歳児検診でも異常はないと言われ
でも何か他の事違う
母の勘といいましょうか・・これと言って
理由はないんです。

相談にも行きました。
もちろん県外にも。
いつも
「気にしすぎですよ。お母さん。しばらく様子を見てみましょう」

私は小学校に上がる前の
就学時健診で何か
言われる事を期待しました。

方法が見つかる気がしたんです。
ここでも「何も異常がありません」

そっかぁ~~やっぱり
私の気にしすぎなのかなぁ~~

不安だらけのまま
小学校に入学。
事件は起きました。

学童保育に行かねばならない息子を
お弁当を持ってきていないという事だけで
確認もせず下校班に入れられ
そのまま下校。

放課後児童クラブに行っていると
安心して仕事をしていると
警察から電話の迷子捜索。

児童クラブにも家にもいないと。
家は誰もいないのでもちろん鍵はかかってる。

夕方近所の食堂の方が
ランドセルを背負っている小学生がうろうろしているという事で
保護してくださっていました。

お弁当は直接児童クラブに持っていっておりました。
本人にも伝えておきましたが
お弁当の有無で安易に班を分けた担任。

なんだか先が思いやられる気がしました。
気がしたというか的中ですね。

スポンサードリンク

ひと昔前は全部「自閉症」でひとくくり

いまのように特別支援法が
あったわけでもなく
その頃ちょっとはやっていた
「LD」

少し変わった子がいると
「LD」でくくられていました。

言葉だけが先行して
そのLDでさえ詳しく指導してくださる先生が
いるはずもありません。

それだけ発達障害や自閉症などは理解されていなかったのです。

入学一日目から警察沙汰。
やはりこの子には何か障害があるのではないか?
本当にいろいろと調べましたが
その時の私は答えを見つけることができませんでした。

子供の成長は一緒ではないのは
幼稚園教諭をしてきた私は十分理解してきたつもりです。
それを充分引いても
何か違うんです。
きっとこの子は何か・・・・・。

この悶々として過ごす時はそれから
3年以上続きます。

このアスペルガ―障害という言葉
自閉症スペクトラムに出会うことで
一気に目の前の霧が晴れて行くようでした。

たとえるなら
いつも胃の調子が悪いのに
どの病院に行っても
「気にしすぎですよ」

と言われてるようなものです。
症状は全く改善されないのに原因がわからない。
そんな時にある病院で
「ここの小さなポリープがありますよ。これが原因です」

はっきりと理由が分かれば
それからの方法や対処が見つかり前に進めます。

まさに私はそんな状態でした。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です