2020年の大河ドラマは麒麟(きりん)がくる!日本一有名な裏切者?

プロからアマまで様々な俳優さんが、日本を作った偉人たちを演じるNHKの大河ドラマシリーズ。

現在は幕末志士の1人「西郷隆盛」を主役にした「西郷(せごう)どん」が放送されていますが、この度2020年に放送される大河ドラマのタイトルと主演俳優が判明いたしました!

2020年の大河ドラマの主役は明智光秀! 主演俳優は…

スポンサードリンク

主役は日本一有名な裏切者?

2020年に放送される大河ドラマ、題して「麒麟がくる」

その主役はなんとあの明智光秀

明智光秀といえば、「敵は本能寺にあり!」のセリフと共に主君である織田信長を裏切ったエピソードがあまりにも有名。

そして彼が日本の頂点に立つも、仇討ちを決意した豊臣秀吉との山崎の合戦で敗れ、逃走途中に農民に殺されたことから「三日天下」という言葉も生まれました。

戦国時代の大スター織田信長が何度か主役に選ばれたことがあるのと対照的に、明智光秀がドラマの主役に選ばれるのはこの「麒麟がくる」が初。

スポンサードリンク

明智光秀が美濃(現在の岐阜あたり)で生まれ、信長を本能寺で討ち取るまでを描くそうなので、どんな感じになるのかすごく気になります。

タイトルの「麒麟」とは?

今回のドラマで気になるのが、タイトルの「麒麟」

中国の伝説上の生物ですが、明智光秀とゆかりがあるとも聞いたことがありませんし、一体どんな意味があるのでしょうか?

NHKによると「麒麟は王が仁のある政治を行う際にそばに現れるとされる幻獣で、この戦国時代に麒麟が誰のもとに現れるのか?」という意味を込めてこの「麒麟がくる」というタイトルに決めたそうです。

天下の裏切り者の主役は?

不名誉ですが、日本一有名な裏切者・・・
そして主演を務めるのが長谷川博己さん。

「四つの嘘」(福山役)、「家政婦のミタ」(有須田恵一役)、「セカンドバージン」(鈴木行役)、「MOZU」(東和夫役)、「進撃の巨人」(映画)(シキシマ役)、「シン・ゴジラ」(矢口蘭堂役)などの作品に出演した長谷川博己さんですが、実は以前にも大河ドラマ「八重の桜」(2013年)にも出演したことがあります。

また今年10月から放送開始予定の朝ドラ「まんぷく」で立花萬平役で出演予定なので、NHKのドラマに連続で出演したことになります。

さいごに

2019年の大河は昭和の東京オリンピックが題材になっていますが、その東京オリンピックが始まる2020年には、初めて明智光秀が主役の「麒麟がくる」が放送されます。 楽しみですね。

スポンサードリンク

あなたにオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツユニット
スポンサードリンク