秋冬コーデおすすめの色は?冬コートにぴったり!やさしげなベージュカラー

今季おすすめの色は?冬コートにぴったり!やさしげなベージュカラー
秋冬って、お洋服の色が暗めになりがちですよね。黒や紺色、ダークグレーや濃いカーキ色とか・・・。
でも今季は、ベージュやキャメルなどの明るめな色味が流行っているんですよ!ナチュラルな色・ベージュカラーを使った冬アウターの印象についてお届けします。

スポンサードリンク

ベージュ&キャメルカラーが持つ色の効果

 
ベージュは黒より強くないし、白よりも浮かない色です。インナーとして着ると、コートを羽織った時に人によっては(一瞬ですが)着てないように見えることもあるから、注意が必要なカラーでもあります。上着として着こなすと、その心配はご無用。

今季、やさしげなベージュそしてキャメルカラーはコートやジャケットに人気なんです。例えば、以前はそれほど見かけなかった女性のライダースジャケット姿。今では定番の黒だけでなく、キャメルカラーのライダースジャケットも流行っています。黒よりも断然女性らしい印象になりますよ。
ベージュやキャメルカラーは、やさしい色合いで暖かみが感じられます。重々しく感じられず、自然体に着こなせるんです。

ベージュ&キャメル色 ユニクロの店員さんに聞いてみた

キャメルカラー

思いきって店員さんに聞いてみました。

「今年の冬の、ユニクロ・womenでのトレンド・アウターを教えてください!!」

 「今季は、キャメルカラーのチェスターコートがトレンドで人気があります。」

なぜかというと、今季はインナーに赤や緑などの濃いめの色味が人気だそうです。それに合わせるのなら、ベージュなどのカラーをアウターに選ぶ着こなしがトレンド!インナーの色に限らないでいえば、黒や紺、グレーなどの落ち着いた色味のチェスターコートも人気だそうです。
(ユニクロの店員さん、本当にありがとうございました。)

コートの胸元から少ない面積でインナーを覗かせることによって、その濃い色味が、よりぎゅっと凝縮されて際立って見えるんです!

キャメルとは、ラクダという意味

ラクダといえば、男性用ズボン下のらくだのももひきを思い浮かべてしまうのですが、昔は本当にラクダの毛で作られていた高級なものだったそうですよ。いつの間にかウールやカシミヤなどの、あったかももひきになっていきました。

スポンサードリンク

アイボリー・ベージュ・キャメル・マロンそれぞれ色の微妙な違い

洋服に関して、微妙な色の違いをまとめてみました。どれもナチュラルさが漂う、やさしい色合いです。

アイボリー

象牙の色。薄―いクリーム色。白色にやや黄色みがかっています。
白よりも落ち着きが感じられます。

ベージュ

ヌーディーな色。明るい薄茶色。キャメルより白っぽくて明るい色です。

2000年から、小学生の使う絵の具や色鉛筆の名称は、肌色ではなくペールオレンジとか、うすだいだいとなっています。ペールは薄い、または、淡いという意味。

キャメル

ラクダ色。ベージュよりも少し色味が濃い色です。
おとなの装いに仕上げたい時、ベージュかキャメルか迷ったら濃いほうのキャメルがおすすめです。

マロン

栗の色。ブラウンより明るく、オレンジがかった色です。キャメルより濃い感じ。
秋冬の季節感をもたらしてくれる、上品なおとなの装いにぴったりです。最近では、グレーとベージュの間の色・グレージュという色も登場しています。

まとめ

白のコートより汚れが目立たないので安心。黒よりも明るいイメージに。品が感じられ、落ち着きのある印象になります。
ベージュ系のコートは、デニムパンツのブルーにも相性が良いの着こなしがラクチン。カジュアルにも、また、通勤にも使える便利なコートです。
インナーには、はっきりとした赤や緑で。今季は、濃い緑・フォレストグリーンもトレンドカラーです。
やさしげな印象にさせてくれるベージュコート。この冬、ベージュやキャメルカラーのコートをトレンディに着てみませんか?

スポンサードリンク

あなたにオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツユニット
スポンサードリンク