黒い洋服で印象がやわらかくなる方法!白投入のちょいテクとは?


黒い洋服で印象がやわらかくなる方法!白投入のちょいテクとは?黒いコートに黒いスカート。そして黒のタイツに黒のパンプス・・・

あ、気づけば全身真っ黒。しかもセーターまで黒にするとオールブラックですよね。出掛ける前、靴を履いて鏡を見たら気づくことってありませんか?
今年の流行は、黒の装いにどこか白を投入してはっきりとしたコントラストを作ること。または、その反対に白の装いに黒の投入でメリハリをつける。

難しいことではありませんが、お店に行って試着する時、お洒落に迷うのも楽しみのひとつです。今回は、黒い洋服にちょっと白を添えて、印象をやわらかくするちょいテクをお伝えします。

スポンサードリンク

無難な黒い洋服 黒という色のもつ強い印象

以前、真っ黒キャップにチャレンジして、ちょっとワルっぽく深々とかぶって出掛けたら、わたしだと気づかれなかったことがありました。

それに無地の黒キャップって辛口ですよね。どこかに女の子っぽい要素を入れておかないと、メンズライクになってしまうんです。

黒という色のもつ印象は・・・

 重い 強い 男性的 暗い 濃い 何色にも染まらない
 高級感 引き締め感

黒は、ストロングな色。強くて深みのある色です。引き締め効果で小さく、または細く見えるというメリットもあります。

黒のタイツだと脚が細く見えるのが嬉しいですよね。フォーマルな場に黒は定番ですから、面接や面談、また、お芝居やお子さんの発表会などにも黒のジャケットは無難な色かと思います。

黒い洋服に白投入で印象をやわらげるには?初対面で好印象を狙って

胸元に白をもってくる

黒のジャケットやロングコートは、持っていると冬に大活躍しますよね。

パンツやスカートも黒にした場合、オールブラックコーデになりますので
中に着るセーターやプルオーバーを白にして、コートの胸元にちょっと
白を覗かせると顔まわりがやさしい印象になるんです。

初めて会う人となら、胸元にほっとできる白をもってくると、立ち話で威圧感を
与えることが抑えられますよ。

威圧感といえば、相手の真ん前のスペースではなくちょっと斜めの位置に立つと、
目線の逃げ場ができるのでおすすめです。

椅子に腰かけたときですが、スーツ姿の男性となら、ネクタイを見ながら会話すると話が進むって聞いたことがありませんか?顔をまじまじと見ながらより、視線を落とすのもテクニックのひとつ。

スポンサードリンク

カットソー素材のトップス

オフィス向けでなければ、ブラウスよりカットソー素材の白トップスがおすすめ。かちっとしたイメージでなく、やわらかい雰囲気をもたらしてくれるんです。

コートやジャケットの前のボタンを開けて、はっきりと中の白を見せるのもトレンド
をつかめています。

今年は長いコートが流行り。コートの前を開けて颯爽と大股で歩いてみたいですね。

黒い洋服に白をバランスよく取り入れるのが流行り!

小物で白投入

さらにおすすめは、靴に白を添えること。

ブラックコーデに真っ白シューズだとインパクトが強めになりますので、できれば白と黒のバイカラーシューズが女性らしくておすすめです。

初対面に黒キャップは極端かもしれませんが、印象をやわらげるには女性らしい黒のベレー帽がいいと思います。ベレー帽を使って前髪を上げてみると、顔まわりをはっきり出すことができ印象が良くなります。

もし、帽子で白投入にするのなら、白のニット帽も可愛らしくておすすめです。

余談ですが、夏に流行るボーダー柄のシャツ。首周りの縁が白だと、顔の印象が明るくなるんですよ。

黒キャップもなかなか、辛口コーデに人気なんです。

その場合スカートは、白などの清楚系を合わせるのがおすすめです。

黒は、その色一色だけというよりは、他の色を組み合わせることによって
はっきりとコントラストを作り、より一層自身の色を目立たせるんです。

合わせる色は黄色だと目立ちすぎになる場合があるので要注意ですが、
白を合わせるのはモノトーンカラーで難しくないと思います。

つまり、単色コーデよりも白を添えると、より黒が引き立つというわけなんです。

まとめ

黒い装いに、白を添えるというちょいテク。いかがでしたか?真っ黒黒になってしまっても、それはそれでOKかと思います。

グレーのファー素材ぽんぽんをバッグチャームにするとか、ヌーディーなベージュのタイツにするとかで重たさを解消できます。
そうすると、ストロングな黒の装いに軽さがでてきて、話しかけやすい印象になりますよ。

スポンサードリンク

あなたにオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツユニット
スポンサードリンク