洗濯物のネットの正しい使い方を知っていますか?

家事はほぼ苦手であまり好きではないのですがしいていえば料理や掃除に比べお洗濯が一番好きかな?きれいになった洗濯物を思いっきり天気のいい日に干すととても気持ちいいです。でも大事な衣類が痛んでショックを受けたことも何度かありました。最近よく使ってる洗濯物のネット、正しい使い方を知っていますか?

スポンサードリンク

どんな時に洗濯ネットを使うのか?

洗濯の際にすごくお世話になる洗濯ネット。セーターとかお気に入りの衣服を洗うときに重宝するネット、皆さんは正しく使えていますか?
そもそも洗濯ネットに入れて洗うべき衣服はどのようなものなのでしょうか? 

【ヒルナンデスで紹介☆話題沸騰!!5月中旬入荷予定】ネットdeきれい 4枚セット【送料無料|送料込|洗濯ネット|洗濯機|洗濯物|洗濯皺|洗濯ジワ|型崩れ|シャツ用|スラックス用|ネットできれい|おすすめ|時短|TVで紹介|本間朝子|ヒルナンデス|日テレ】

具体例を挙げると…

「ネット使用」の取り扱い絵表示がある

洗濯機で洗うことができず、手洗いで洗うべきもの

色の濃い服

生地の薄い服(ブラウスやストッキングなど)

型崩れしやすい服

ひも付きの衣類

飾り付きの衣類

ネット使用のメリット・デメリット

洗濯機で洗えないものはネットに入れて選択する方がほとんどかと思いますが、洗濯ネットを使用することによるメリットやデメリットも当然存在します。

メリット

まずはメリット。
まずは当然といえば当然なのですが、普通に洗濯機で洗うことができることです。
ストッキングやワイシャツなど、型崩れせずに優しく洗いたいときに使えるのもいいですね。
その他にも洗濯物同士が絡まるのを防いだり、色移りを防ぐ効果もあります。

デメリット

続いてデメリットですが、第一に汚れ落ちが弱くなることが挙げられます。洗濯機の水流が直接当たらないために汚れが落ちにくくなり、すすぎも悪くなります。
衣類によってはしわができやすい原因となるため、何から何までネットに入れて洗えばいいというものではありません。

スポンサードリンク

ネットを上手に使うポイント

何かと便利な洗濯ネット、上手に使えば汚れも上手に落とすことができます。

ネットを使い分ける

一言に洗濯ネットと言っても、様々な種類があります。

大きいものや小さいもの、目の細かいものや粗いもの、特定の衣類専用のものまでたくさんの種類がありますので、場合によって使い分けましょう。


【楽天1位・週間・洗濯ネット】 洗濯ネット ランドリーネット 角型 サイズの異なる2色5枚セット 最大毛布いれ パッキング/旅行など最適 洗濯物カラミ/傷み防止 60 x 90cm/60 x 50cm/50 x 40 cm/40 x 30cm/30 x 20cm(5枚セット)メール便

目立つシミや汚れを落としておく

先ほど言ったようにネットに入れた洗濯物は汚れが落ちにくくなっています。

そのため、シミなどの目に見える汚れはあらかじめ落としておくといいでしょう。

1つのネットにつき洗濯物は1つ

大きめのネットを使用する場合、ついついたくさん洗濯物を詰め込んでしまいがちですが、これもNG。

ネットの中で洗濯物が絡まっったり、生地同士がこすれ合って傷んでしまう恐れがあるので、原則として1つのネットには一つの洗濯物を入れるようにしましょう。

装飾つきの洗濯物は裏返す

スパンコールやビーズ、ラインストーンなどの装飾がついている衣服は、洗濯による摩擦を最小限に抑えるため裏返してネットに入れるのが良し。多くの人は裏返さずに洗いましょうと教わったと思いますが、この場合は裏返した方がいいです。

あとブラジャーのホックやジャージなどのファスナーも、同様の理由で留めておいた方がいいでしょう。

まとめ

洗濯ネットの使う際にはメリットデメリットがあります。洗濯物の特性や汚れについて使い分けるようにしましょう。
メリットは生地が痛めずに洗えることです。デメリットは選択の本来の目的、汚れを落とすということに本領を発揮しないことですね。

私もやっていたのですが大きめのネットに何着かまとめていれて洗濯していましたが生地同士がこすれたりするので洗濯ネットに入れる意味がなくなってしまうのでやめましょう。

梅雨時前にいろいろたくさんお洗濯して気持ちのいい毎日を過ごしたいですね。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。