101歳の金メダルおばあちゃんは山口県在住!マスターズ水泳大会で世界記録を出した

プール

追記 2015/9/29 報道ステーション紹介時 101歳 松岡修三さん取材

耳を疑いました!
100歳(現在101歳)のおばあちゃんが1500メートルを泳ぎ切った。

スポンサードリンク

101歳の金メダリスト現役スイマーは山口県熊毛郡田布施町在住のおばあちゃん

毎年春(4~5月)に行われるマスターズ水泳の日本一を決める大会。全国20数会場に分かれて行われる。それぞれの会場別での表彰した後に全国ランキングが発表される。

そして話題の当時100歳のおばちゃんが出場した日本マスターズ水泳協会(Japan Masters Swimming Association)の競技会。
今月の4日、愛媛県松山市で現在101歳(当時100歳)の長岡三重子(Mieko Nagaoka)さんが1500メートルを背泳ぎで泳ぎ切りました。

100歳以上による1500メートル完泳は世界初記録
記録はなんと1時間15分54秒39。

昨年は長水路(50メートルプール)の1500メートル自由形を完泳した。今回の短水路(25メートル)のレースはターンの回数も多く負担が大きい。見事、30往復を泳ぎ切った。

(画像引用元:共同通信社youtube)

過去にこの1500mは二度挑戦しているが二度とも途中棄権。まさに三度目の正直である。やはりこのお歳で?!と思ってしまうが本当に真の強さを感じる。

レースの一部始終を心配そうに見守る息子(宏行)さん(74歳)も3回目の完泳にホッと胸をなでおろし母の活躍を共に喜んでいた。

日本マスターズ水泳協会によると、今後は国際水泳連盟(FINA)に申請。その後正式な世界記録と認定される。これで長岡さんの持つ世界記録は25種目となる。

マスターズ水泳大会で世界記録を出した長岡三重子さんってどんなおばあちゃん?

長岡さんが水泳を始めたのはなんと80歳になってからだというから驚きだ。最初は25mも泳げなかったんですよ。

長岡三重子(ながおか みえこ)さんは山口県周南市(旧 徳山市)で1914年(大正3年)7月31日誕生。

2015/9/29現在 101歳

1914年といえばなんと第一次世界大戦が始まった年である。水泳のラジオ放送で有名な「前畑 ガンバレ!前畑 ガンバレ!」の 故)前畑秀子選手と同じ年という因縁も。(前畑秀子選手・・・36年のベルリン五輪200メートル平泳ぎで優勝)

スポンサードリンク

商家に生まれた三重子さんは地元の高等女学校に進み同県熊毛郡田布施町の長岡家(長岡商店)に嫁いだ。
≪この熊毛郡田布施町といえば佐藤栄作さん(安倍首相の大叔父) 岸信介さんなどを輩出している町である。岸首相は安倍首相のおじい様ですね。≫

息子二人の子宝に恵まれたが1968年最愛の夫を病で亡くす。(夫亡き後 94歳まで卸問屋ののれんを守る)
その寂しさを紛らすため55歳からは≪能≫が唯一の趣味となる。

何かを始めるととことんやらないと気が済まない性格の為、80歳のころにはとうとう膝が悲鳴を上げた。
かかりつけの病院でリハビリ治療には水泳を勧められた。これがプールと運命の出会いです。

長岡さんの水泳との出会いはリハビリからだったのだ。もちろん80歳になるまで水泳などやったことがなく水中歩行からの訓練。25mも泳げない状態だった。

山口県柳井市にある
柳井(やない)スイミングスクールに通い始める。

不思議な巡り合わせだが80歳でリハビリの為に通ったプールで水泳を始めた長岡さん。スイミングスクールに通い始めた当初は全くの自己流で泳いでいた。少しずつ泳ぐことにも慣れて84歳の時に日本マスターズで初出場!(リハビリのはずが4年間で競技会に出場できるようになっている好奇心と行動力には驚かされます)

そしてスーパーおばあちゃんの挑戦は世界へ飛び出します。88歳でニュージーランドで世界マスターズに初出場、3位で銅メダル
という好成績を残します。この世界銅メダルが長岡さんの水泳魂に火をつけました。

銅メダルで満足せず、金メダルを目指すべくとうとう91歳の時に同スクールで専属のコーチをつけての指導が始まりました。
長岡さんの向上心はとどまるところを知りません。こうしてアメリカの世界大会では金銀銅の全てのメダルを獲得したのです。

そしてまだまだ快進撃は続きます。95歳までに樹立された
日本新記録は47
世界新記録は29

向かうところ敵なしです。というか95歳以上のスイマーって世界に何人いらっしゃるのでしょうか?
そして現在も好奇心・体力とどまることなく記録を出し続けていらっしゃいます。

最後に

長岡さんは最近「寿命があれば105歳まで泳ぎたい」と。
次の世界記録に想いを馳せて今日も鮮やかに泳がれています。週に2~3回は練習に訪れる山口県の柳井スイミングスクールでは
子供達にも勇気を与えみんなのアイドルです。プールで2~3時間練習して日頃は大好きな畑仕事もかかしません。
地元では警察の防犯ポスターにも登場されている人気者です。

何かを始めるときに
遅すぎる事はないということ
を身をもって教えてくださった長岡さん。

今後のご活躍が楽しみです。
101歳で無限の可能性をもつおばあちゃんに
乾杯です!!!!

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。