ニンテンドースイッチ発売日決定!気になる機能や注目ソフトまとめ

ゲーム男子

本日1月13日の午後1時、全世界のゲームファンが待ちに待った任天堂の新ゲーム機「ニンテンドースイッチ」のプレゼンテーションがスタートしました!

様々な形にコントローラーを切り替え、自分好みのスタイルで遊べるということで早くも話題を集めていますが、一体どのようなゲーム機なのでしょうか?

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチの発売日と価格

ニンテンドースイッチの発売日は2017年3月3日(金)。 希望小売価格は29,980円(税別)。 プレステシリーズとか他のゲーム機と比べると比較的リーズナブルでしょうか。

ニンテンドースイッチの特徴

プレイスタイルのバリエーション

なんといってもニンテンドースイッチの特徴といえば、そのプレイスタイルのバリエーションの多さ。

TVモード(いつもの家庭用据え置きゲーム機のようにテレビにつないでゲームを遊ぶ)

テーブルモード(スイッチ本体をドックから取り外し、スタンドでテーブルの上などに立てて遊ぶ 2つのジョイコンで2人同時プレイも可能)

携帯モード(本体に2つのジョイコンをセット 携帯ゲーム機のようにどこへでも持ち歩いて遊ぶ)

ローカル通信プレイ(最大8台のニンテンドースイッチで、近くの友達と気軽にプレイ)

Wi-Fiプレイ(Wi-Fiに接続することでインターネットを通じてはるか彼方にいる人とプレイ)

本体を取り外して遊ぶ際の、バッテリー持続時間は2.5~6.5時間程度。 個人的にはちょっと短すぎる気がします。

今回のプレゼンテーションでは、ニンテンドースイッチの具体的な機能やサービスについて明かされました。

リージョンロックの廃止

ニンテンドースイッチでは「リージョンロック」を廃止することを決定しました。

ニンテンドー3DSやWiiUなどの過去のハードには「リージョンロック」と呼ばれる機能が搭載されていて、それぞれの販売地域で発売されたソフトのみが遊べるよう制限がかけられていました。

今回、ニンテンドースイッチではその「リージョンロック」を原則として廃止するということなので、これによりゲームがどのような変化を遂げるのか楽しみです。

余談ですが、ソフト開発総責任者の高橋伸也氏によると、ニンテンドースイッチはこれまで任天堂が開発したゲーム機のDNAを受け継いでいるとのこと。

ファミリーコンピューター(通称ファミコン)の2つのコントローラー、ゲームボーイは外でも気軽にゲームができ、スーパーファミコンのコントローラーにX、Y、L、Rボタンが追加され、64のスティック、DSのタッチスクリーンというようによくよく観察してみると任天堂ハードの何かしらの特徴をニンテンドースイッチに詰め込んでいます。

私に言わせれば、ニンテンドースイッチは任天堂の歴史のすべてが詰まった、いわば集大成のようなものだと感じています。

オンラインサービス

ニンテンドースイッチは、オンラインサービスも充実しています。

付属しているスマートデバイスのアプリを使い、友達を招待したりボイスチャットをしたりすることができます。 スマホのLINEとかSkypeみたいな感覚で使えそうです。

またWiiUと同様にインターネットを通じて世界中のプレイヤーと対戦ゲームプレイできるオンラインサービスも実施します。

これらのオンラインサービスは発売からしばらくは無料で利用できますが、秋ごろから有料化する予定です。

その他にもamiibo読み取り機能や画面のキャプチャ・動画撮影などこれまでにない機能をたくさん搭載しています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチ注目のゲームソフト

では肝心のソフトはどうなっているのでしょうか。

ワン・ツー・スイッチ

まず紹介するのが「ワン・ツー・スイッチ」。

このゲームでは、ジョイコンに搭載されている様々な新機能をフルに活用した様々なミニゲームで遊ぶことができます。

紹介動画を見る限りでは、早撃ち、居合切り、ヨガ、魔法対決などのゲームが楽しめるみたいです。

ニンテンドースイッチの感覚をつかむのにぴったりのソフトと言えそうです。 はじめてのWiiみたいな感じ?

発売日はニンテンドースイッチと同時発売。 値段は未定です。

ARMS

伸縮自在のロボットアームを装着したキャラクターがボクシングのようにガチンコバトルを繰り広げるアクションゲーム。

ARMSは両手にジョイコンを持った状態で遊ぶゲームで、まるで本当のボクシングさながらにジョイコンを動かすことでパンチを打ち、攻撃を避け、ガードするといった動きをすることができます。同じくWiiのパンチアウト!みたいな感じでしょうか。

操作自体はシンプルで直感的にプレイできますが、やればやるほど高度なテクニックが身に付くやりこみ要素も含まれています。友達とジョイコンを持ち寄って対戦したり、もちろんオンライン対戦も可能。

ARMSは、今年の春発売予定です。

スプラトゥーン2

かつてイカだけでなく人間の世界でも大ブームを巻き起こした伝説のゲーム「スプラトゥーン」の続編がニンテンドースイッチで登場!今回は新たなブキ、ステージ、ルールなどが追加され前作とは一味違うバトルが楽しめます。

また本作も前作同様アップデートを定期的に行い、様々なイベントを開催することが予定されているそうです。

ニンテンドースイッチの特性上、オンライン対戦だけでなくジョイコンをセットしてローカル対戦や屋外でも気軽にバトルができます。スプラトゥーンがこれまでにないくらいの盛り上がりを見せたので、こちらも期待してもよさそうです。

スプラトゥーン2は、今年の夏発売予定です!

スーパーマリオオデッセイ

続いては皆さんおなじみ赤い帽子の人気者、マリオの3Dアクションゲームです。今回のマリオはキノコ王国を飛び出し、大都会やジャングル、砂漠などといった今までとは一線を画す、リアル感あふれる世界を駆け回ります。

そして何より、マリオの帽子に目がついて何やら大きな変化が起こっています。この帽子を使ったアクションが、ニンテンドースイッチならではの操作で行なえるとのことなので楽しみです。

スーパーマリオオデッセイは、今年の冬発売予定です!

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド

そして今回のプレゼンテーションよりも前にひそかに話題になっているゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルドですが、こちらも紹介動画が公開されただけで詳細情報はいまだ不明。

ただ、動画で声付きのセリフがあったため、ゼル伝シリーズでは珍しいフルボイスのゲームになりそうです。いずれにせよ今までのゼル伝とは世界観も操作性も違う作品になりそうです。

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルドは、ニンテンドースイッチと同じ3月3日発売予定です!

その他にも

ゼノブレイド2
ファイアーエムブレム無双
ドラゴンクエストⅩ、ⅩⅠ、ヒーローズⅠ・Ⅱ
真・女神転生シリーズ最新作
Skyrim

etc.

これらのゲームは現時点で詳細情報は不明。 しかしどれも魅力的で今すぐ遊んでみたくなります。個人的にドラクエとFE無双が面白そうです。

まとめ

以上、ついにその全貌が明らかになったニンテンドースイッチの詳細情報や今後発売予定のソフトをまとめました。
最近では据え置きよりも携帯ゲーム機のほうが遊ぶ頻度が多い私ですが、もし経済的余裕(←ここ大事)があれば速攻買って遊びたいです。もちろんすぐに実践記を書きますね。

任天堂ハードのすべてを詰め込んだこのゲーム、はたして任天堂起死回生の一手となるのでしょうか?

新しいけど懐かしいニンテンドースイッチの今後に目が離せませないなぁ~~。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です