パックマンが1年ぶりに映画デビュー!驚きの仮面ライダーと共演!?

高層ビル

2015年9月に公開された映画、「ピクセル」を覚えているでしょうか?

パックマン、スペースインベーダー、ドンキーコングなどといったレトロゲームキャラの姿を模して襲撃してきた宇宙人たちとゲームオタクたちが激突するというかなりぶっ飛んだ内容の映画です。

あの衝撃から1年後、今度は邦画でパックマンが映画に登場します!

スポンサードリンク

パックマンとは?

作品の詳細に入る前にまずパックマンがどのようなゲームなのかを簡単ですが解説したいと思います。

パックマンとは、ナムコ(現バンダイナムコゲームズ)が1980年に開発したゲーム。

黄色の球体がピザみたいに欠けた、あるいは手足が生えたキャラだといえば容易く想像できると思います。

ドットイートゲームの元祖ともいえる作品で、「迷路の中のゴーストをかわしながら点をすべて食べつくす」というシンプルかつ奥の深いゲーム性が大ヒットし、2005年には「最も成功した商業用ゲーム」としてギネス世界記録にも登録されました。

今ではすっかりバンナムのマスコットキャラクターとなり、リッジレーサーやマリオカートアーケードグランプリ、大乱闘スマッシュブラザーズにもゲスト参戦しました。

もはやマリオやピカチュウと並び世界的に有名なゲームキャラとなっている、ゲーム界の超有名人というわけですね。

スポンサードリンク

パックマン×仮面ライダー!?

パックマンがどのような映画に出演するのか気になります。

そのタイトルとは「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」

そう、何とパックマンが日本を代表する特撮ヒーロー、仮面ライダーと夢の競演を果たします!

なぜこのようなまさか過ぎるクロスオーバーが実現したのかというと、現在放送中の『仮面ライダーエグゼイド』ゲームをモチーフとしたライダーで、アクションやロールプレイング、シューティングやレースといった多種多様なゲームの世界観でゲームウイルス「バグスター」と闘うストーリーだからです。

それから、仮面ライダーのスポンサーが「バンダイ」なのでパックマンに白羽の矢が立ったのでしょう。

しかも、今年は仮面ライダー生誕45周年ということでエグゼイドだけでなく、歴代ライダーよりゴースト、ドライブ、鎧武(ガイム)、ウィザードの4人も登場する点もさらに驚き。

よくよく見てみると、

ウィザード(魔法使い)

鎧武(鎧武者)

ドライブ(刑事)

ゴースト(ゴースト)

っていう感じで、それぞれのライダーの特徴もRPGっぽく役割分担されているような気がして面白いですね。

プレミア前売り券

今週情報公開されたばかりなので、まだ詳細情報が明かされていませんが、これからの情報公開にも期待しましょう。

興味のある方は10月29日より発売されるプレゼント付き前売り券、それから11月発売予定のプレミアム前売り券も購入してみては?

さいごに

私も仮面ライダー&ゲーム大好き人間なので公開がすごく待ち遠しいです!

公式サイトはこちら

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。