東京駅のコインロッカー料金や配置場所!穴場とお役立ち情報まとめ

コインロッカーa0008_002373

夏休みといえば旅行の季節。

花の東京【お江戸】東京に行く方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、お土産や手荷物がかさばって大変。

そんな時に役に立つのがコインロッカーです。

東京のコインロッカーの料金や設置場所、穴場情報をまとめましたのでご覧下さい。

東京駅コインロッカーの利用料金や配置

まずはある意味一番肝心な料金や配置について。

東京駅のコインロッカーはサイズごとに小、中、大の3種類があり、料金はそれぞれ400円、500円、600円となっています。

それぞれ高さが異なるようなので、荷物の大きさや数に応じて適当な大きさを選ぶとよいでしょう。

特に大きめのサイズのものはスーツケースもすんなり入ってしまいます。

現在のコインロッカーは、暗証番号が書かれたレシートが出てきて、開錠の際にはその番号を入力する必要がありますので絶対にレシートを無くさないようにしましょう。

またコインロッカーによっては電子マネーのSuica対応のものがあります。 Suica対応の場合は、支払いに使ったSuicaでのみ開錠することができます。

ちなみに、Suica対応のロッカー限定で空き状況が確認できるサイトがあります。

パソコンでもスマホでも利用できるので、前もって確認しておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

コインロッカーの配置場所

東京駅の場合、至る所にコインロッカーがあり、特に混雑していない限りはすんなり自分のロッカーを確保することができるでしょう。

八重洲北口近くのGロッカー(1階)、丸の内地下北口近くのS+T+Uロッカーと丸の内地下南口付近のOロッカー(いずれも地下1階)は数が多いので比較的余裕を持っていけるでしょう。

中でもおすすめなのが地下1階、南のりかえ地下広場のX+Y+Zロッカー

ここはロッカーの数がずば抜けて多いうえに、近くに手荷物を一時預かったり、お土産等を宅急便で送るサービスを行っている「クローク」が近くにあります。

コインロッカーと併せて利用すればかなり便利かと思いますのでお勧めです。

東京駅コインロッカーの意外な穴場

また、コインロッカーには意外と誰も気づいていない「穴場」があるんです。

改札内では地下1階の丸の内地下中央口の下りエスカレーターからさらに下に降りると、そこには1000個を超えるコインロッカーが!!

場所でいうと総武線の地下にあるのですが、これだけたくさんあればロッカーに荷物を預けられないということも十中八九ないでしょう。

おわりに

以上、東京駅に設置されたコインロッカーのお役立ち情報を書いてみましたがいかがでしたか?

東京にお立ち寄りの際にはぜひコインロッカーを有効利用し、手ぶらの状態で快適な旅行をお楽しみください!!

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です