教えて!カードローンとキャッシングって借りる方法が違うの?

電卓

テレビコマーシャルをはじめ、新聞の広告などさまざまなところでカードローンについて見聞きするようになりました。しかしながら、カードローンというものを正しく理解している方は少ないものです。いざというときのためにも、なんとなくではなく、正しく理解をし、きちんとカードローンを選べるようにしておきたいものです。

スポンサードリンク

カードローンとキャッシングの違いについて

まずは、カードローンとキャッシングの違いについて理解しておきましょう。このふたつを混同している方も多いのではないでしょうか?実際に、お金を借り入れするというところでは同じですが、それぞれで性質が異なるものです。

カードローン

カードローンは、まず借り入れできる金額にかなりの幅があります。数十万円の比較的小口融資から数百万円という大口融資にまで対応しています。基本的に借り入れする金額というのは平均的に大きくなりますので、返済方法はリボルビング払い方式、いわゆるリボ払いになることが多い傾向にあります。金利の設定が高めになっているのも特徴です。

キャッシング

では、キャッシングのほうはどうでしょうか。カードローンが幅広い金額での融資に対応している一方で、キャッシングは基本的に小口融資をメインに取り扱っています。1万円単位での借り入れも可能ですが、借り入れ金額が小さいからこそ返済は一括となっていることが多いのです。仮に一括返済ではなかったとしても短期間での借り入れを前提としていますし、だからこそ金利もやや低めの設定となっています。

スポンサードリンク

カードローンの選び方

カードローンの選び方なのですが、第一に考えるべきはその業者が安心できるかどうかというところです。どんなに魅力的な条件であってもまずはその業者そのものが信頼できるのかを見ていきましょう。本当にその業者が存在するのか、評判や口コミはどうなっているのかなどをチェックしていきたいものです。

また、金利も重要です。先でもお話ししましたように、カードローンというのはもともと金利が高めになっています。金利は返済に大きく影響するものですので、できる限り金利の低いところを選んでいきたいものです。どの金額だったら返済していくことができるのか、返済にしていくにあたってこの金利で大丈夫なのかというところまで考えていきましょう。

金利計算

各種ローンやカードローン、キャッシングでお金を借りた時にしっかり理解しないといけないのが金利です。

金利が高いと総返済額が増えてきますので各社をじっくり比べましょう。
借りる額を想定してシュミレーションしましょう。どこかのCMではないですが「ご利用は計画的に」です。

未来の自分に借金するので勢いだけで借りるのはやめましょう。

自分で計算できます。⇒ローン計算シュミレーション

まとめ

欲しい!行きたい!何かをやりたいというタイミングは待ってくれません。そんな時お金が無いとあきらめるより上手に借りて夢を叶えたいですね。

カードローンについて正しく理解し、信頼できるカードローン、確実に返済のできるカードローンを選んでいくようにしましょう。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。