夏の紫外線対策や秋の乾燥から肌を守る効果的な方法!潤い肌ケアは保湿が肝心!

日差し

暑い夏もようやく過ぎて過ごしやすくなる秋。
芸術、食欲、スポーツなど楽しみも無限大ですね。女性ならファッションの変化も楽しいでしょう。しかし、ここで気になってくるのが肌トラブル。なんとなく肌の調子が悪くなったと感じてしまう機会が増えてくる時期でもあります。今回は、秋の肌を調子よくするための夏場のケア方法、ダメージを受けてしまった場合の秋のケア方法などをまとめてご紹介します。

スポンサードリンク

夏場の肌トラブルとは?

生命力にあふれた木々も瑞々しく、開放的な夏。
日本が誇る素敵な季節の一つです。しかしお肌にとっては少々過酷な季節。
“日焼け”、“しみ・そばかす”だけでなく、エアコンの効いた室内では肌の水分が奪われ冷えで血の流れが悪くなり“くすみ”の原因になったり、汗を拭くことで肌の天然保湿成分やセラミドが奪われ“乾燥・つっぱり”が引き起こされたりします。
少々怖くなってしまいますね……。
でも、大丈夫!
夏場にきちんと正しいケアをしていれば、ダメージを最小限に抑えることができます。

夏場での肌ケア&乾燥対策の仕方や工夫

実は夏場の肌は、防衛モードになっているのをご存知でしょうか?
強い夏の刺激から肌を守るために分厚い角質の層ができているのです。その為、すぐにはお手入れを受け付けてくれません。そこで、まずは角質の鎧を脱がせてあげることがポイントです。

ゴマージュやピーリング

ゴマージュやピーリングで表面に溜まっている角質を取ってあげる

ゴワつきやざらつきが気になるタイプならゴマージュを、肌のくすみが気になるタイプならピーリングがおススメです。
この時に、ついつい気になって強い刺激を与えてしまうと、逆に肌の防衛本能が傍らしてしまいます。ゴマージュなら摩擦を避けて押すように、ピーリングなら肌を温めてからソフトなタッチでケアしてあげましょう。

化粧水

たっぷりの化粧水で潤いを与える

余分な角質がとれたら、いよいよ化粧水で保湿です。日焼け対策を万全にしていても、紫外線は容赦なく肌表面の水分を奪っていきます。汗でしっとりしているように見えても実は乾燥しやすい季節なのです。その為、夏場の保湿は特に大切!

より効果的なアフターケアをしたいなら、2種類の化粧水を使い分けることをおすすめします。
まず分子の細かい軽い質感の化粧水で水分の通り道を作ります。次に、保水力の強いとろみ系化粧水で肌にたっぷりうるおいを与え引き締めます。
こうすることで細胞が芯からふっくらうるおい、ダメージを受けにくい肌の土台づくりができるのです。もっと効果を高めたいなら、化粧水の前に導入実溶液を使用してよりコスメの効果を高めるのもおススメです。

乳液やクリーム

最後に乳液やクリームで蓋をする

肌表面の水分が蒸発しないように、最後は油分を与えて蓋をしてあげましょう。

1日の中でちょっとだけ時間を作ってアフターケアをするだけで、乾燥に負けない強い肌を作ることができ、夏のダメージも最小限に抑えることができます。

秋の肌トラブル「乾燥」対策も保湿ケアが肝心!

涼しくなり活発になってくる秋になると、今度は「乾燥」が特に気になりやすいですね。夏場はなかなかアフターケアができなかった人は、そろそろ肌トラブルが見過ごせなくなってくる時期でもあります。
秋になると湿度が少なくなり、風も強くなってきます。秋風は涼しく快適ですが、同時に肌の水分を奪い、乾燥を引き起こす元にもなります。乾燥は女性の大敵であるシワの原因にもなりますので、しっかり予防策や対策を講じておくことが大切です。

スポンサードリンク

秋の乾燥予防策

毎日の保湿も大切が、合わせてしっとりと潤った肌を保ってあげることが一番の予防策になります。柔らかく、キメが細かい肌は見た目に美しいだけでなく、バリア機能がしっかり働いているので外部からの刺激を遮断してくれます。ニキビや吹き出物といったトラブルからも守ってくれるのです。その為、日々保湿のお手入れをちょっとづつでも取り入れておくことが最大の乾燥予防策になります。

秋のしっかり保湿ケア方法

保湿が大切なのはわかるけど、具体的にはどうすればいいの?という方もご安心ください。効果的な保湿ケア方法をお伝えさせていただきます。

①クレンジングや洗顔を行う

保湿を効果的に行うためにも、まずはクレンジングや洗顔で、肌表面の余分な角質や汚れを落としてあげましょう。
あまり強い力でこすると、大切な肌の角質層を傷つけてしまうので優しくケアすることがポイントです。

②化粧水でたっぷり保湿する

洗顔後は、肌の潤いが不足しがちです。ここでたっぷり保湿してあげましょう。化粧水の成分も様々ですが、特に失われやすい角質細胞間脂質「セラミド」配合のものを選ぶのがおススメと言えます。一番おすすめなのは。肌へのなじみが良い「天然セラミド」配合の化粧水。自分に合った化粧水で、たっぷり潤いを与えてあげましょう。

③クリームで油分を補う

秋場は天然のベールである皮脂分泌量が減ります。化粧水でうるおいを与えてあげたお肌にふたをする意味でも、乳液やクリームなどの油分を補ってあげましょう。

秋のケアをすることで、夏場に受けたダメージの挽回にもつながります。

パーツ別乾燥対策方法

全体のケア方法がわかったところで、今度はパーツ別のケア方法をご紹介します。基本的に流れは変わりませんが、特別り気になりやすいところもありますよね。大きく顔まわりとボディに分けて見ていきましょう。

顔まわり
●口まわり・目の周り

口元目元はシワができやすい部分。一番は良く動かす部分であるからと言われています。
ポイントとしては顔まわりのお手入れをしたときに忘れずケアすることです。ここで有効なのが、小指を使ってお手入れすること。口元目元は特に皮膚が薄いので、お手入れは丁寧に行う必要があります。小指を使えば、力が入りづらいので、優しくお手入れすることが可能です。また、忘れ防止の効果もあります。

ボディ
●手
実は顔まわりと同じケアが効果的です。コツは、今まで顔まわりをケアしていたよりも少しだけ多めの量を取り、顔まわりをケアした時に合わせて手のケアをしていくこと。今日のお手入れからプラスしてみませんか?

●ひじ、ひざ
年齢がでやすいひじやひざは、ボディ用ピーリングをしてから保湿してあげることが肝心です。ポイントは優しくお手入れすること。ピーリングはカサカサの原因である余分な角質を落としてくれますが、力を入れすぎると肌を傷つけてしまいます。お風呂の際にくるくるとマッサージするようにピーリングをして保湿してあげれば、モテ肌を保つことができますよ。

●かかと
乾燥が気になりがちなかかと。クリームなどで保湿することはもちろん大事です。もっとポイントなのが、余分な角質をとってあげること。
ガサガサの原因は肌のターンオーバー機能が弱まって古い角質が取れないでいることです。余分な角質をとってあげないとせっかくのクリームが浸透せず、保湿効果があまりありません。そこで、お風呂の際など、ボディ用ピーリングで古い角質をとってあげてからクリーム保湿をしましょう。
ただし角質を削りすぎると、肌がもっとかかとを守ろうとますます角質が厚くなってしまいます。ピーリングは週2~3回、もうちょっとやりたいなくらいで止めておきましょう。

まとめ

きめの細かいしっとりした肌は女性の憧れです。ちょっとしたケアを毎日積み重ねることで、誰でも肌本来の美しさを保つことができます。もしできない日があっても落ち込まないでくださいね。できる時にちょっとづつでも肌をいたわってあげれば、肌もしっかり応えてくれますよ。正しいお手入れで夏と秋を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。