一万日は生まれて何年め?生誕プレゼントに英語メッセージを添えて!

カレンダー

一万日???
平均寿命が延びて人生80年を言われはじめずいぶん経ちますよね。80年って聞くと長いと感じますか?
案外人生短いと感じますか?80年を日数に直すと何日になるかわかりますか?三万日弱です。

これを聞いて私は一気に人生って短いなぁ~~と感じてしまいました。自分が生まれて何日経ったのか考えた事もありませんでしたから。そんな人生に一度の自分の生誕をお祝いする新しい記念日があるのです。
誕生日は毎年ですがこの生誕記念は一生に一度です。
生年月日から計算できますのでぜひご自分の生誕○○○日を調べてくださいね。

スポンサードリンク

一万日って生まれて何年?

一万日は27歳4ヶ月と19日前後です。
予想どおりでしたか?
自分の生誕って考えた事もないというか、生誕○○年っていうのはすごい人、つまり功績のある方や社会の為に尽くした偉人の方だけかと思っていました。

弘法大師生誕 ○○年
キリスト生誕 ○○○年などですよ。

自分の生誕もお祝いしてもいいんですよ。まだまだ知られてないのでサプライズでお友達や家族にプレゼントやメッセージをしてもいいですね。

生まれて何年か瞬時に計算

一万日を知れば今度は二万日、三万日が知りたくなりますよね。

いろいろツールがありますのでまとめてみました。

人生ジャストデー
一万日や二万日はもちろん12345日目22222日目33333日目もすぐにわかります。27歳を超えてしまった方も楽しめますね!入力した日が生まれて何日目なのかも一瞬で一緒に出てきます。

家族の中でもおじいちゃんやおばあちゃんなど人生経験の長い方をやってみるとおもしろいですね。

◆誕生日からの経過日数
こちらもきりのいい日をもっと細かく調べることができます。
2222日3333日4444日
しかも五万日(135歳ぐらい)とか十万日、最後は100万日がありました。不老長寿の薬ができてるのかしら^^

◆基準年月日を設定し、何日・何週・何か月・何年何日目かなどを計算できます。とても詳しいので入力数は多いです。
ちょっと便利帳

スポンサードリンク

日齢換算表

この表も面白いですよ。日齢換算表は小学生が何日目、中学生が何日目など逆引き辞典のような感じですね。1000日刻みで判断がのっていますので日齢の間隔が身に付きます。
自分をあてはめてください。

生誕プレゼントに英語メッセージを添えて

生誕プレゼント

まだまだあまり広がりを見せてない生誕プレゼントですが少しずつメディアや新聞に登場し始めています。
SNSがあるので火がつくと早いかも?ですね。

2016年2月に発足した一般社団法人「10000日記念日」ではメッセージを送ってくれたり10000日記念証明書の発行サービスもありますよ。

サプライズ要素がありますし、たった一度の生誕記念日ですからきっと喜ばれますよ!
特に二万日というと54歳ぐらいなので親世代や夫婦間で旅行のプレゼントもいいです。

英語のメッセージで生誕祝いを書くと?

プレゼントを渡す際のメッセージは御年輩の方には日本語で

生誕○○○日目 おめでとうございます!

でもいいですが若い方向けに英語バージョンも書いておきますね。

〇〇、Happy 10,000 Days Old !

〇〇、Happy 10,000th Day from your Birth!

○○、Happy 10,000th day of birth!

という言い方が出来ます。二万日など他の日齢の場合は数字を置き換えてください。

※記念日でよくanniversary (アニバーサリー)を聞きますがは「○周年」になりますので向きません。
anni- の部分が「年」という意味を表しします。

通常の誕生日でもないのにいきなり渡すと
えっ??何のお祝いって驚いて喜ぶ顔が目に浮かびますね。

結婚記念日や○○記念日も計算可能!

結婚して1000日とか3000日とかもパートナーが喜びますよ。きっと!!
結婚記念日は一年単位で紙婚式とか銀婚式とかもありますが二人だけの何日目って盛り上がりますよね。

付き合い始めて500日目にプロポーズ!とかプロポーズから1000日目など二人だけの記念日がたくさんできそうです。(男性はあまり嬉しくないかも?ですが・・・)
付き合いはじめて記念日にもいいですね。付き合い始めて何カ月っていうより何日目を計算して見てくださいね。

まとめ

人生の節目となる新しい記念日として人気が出そうですね。結婚式場やイベントにも広がりを見せています。

万日の生誕祝いです。

一万日は27歳4カ月
二万日は54歳9カ月
三万日は82歳1カ月
四万日は109歳6カ月

四万日は無理にしても三万日を目標に元気に生きていけたらなぁ~と思います。
私は4月生まれなので桜を見るたびにあと何回お花見できるかのかを毎年考えてしまいます。
あと三十年生きるとしても30回しか桜が見れないのか~と感慨深いものがあります。
その30回を多いとか少ないとかは個人の想いですが・・・やっぱり一日一日を大事にしないともったいないなと思います。

有名な日齢の行事と言えばと言えば子供が生まれてお食い初めは100日目
百か日のお祝いはほぼどの家庭でも行いますが、その後は生誕の日数を数えませんよね。

一生に一度という特別感がある生誕記念日。家族やお友達との絆を深めるきっかけになりますね。

今日も大事な一日を過ごせて感謝感謝!です。

スポンサードリンク

あなたにオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツユニット
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です