ラグーナテンボスのラグナシアのアトラクションと面白プールまとめ

海で遊ぶ子供

夏休みの楽しみといえば、やっぱりプール。

このブログではいろんなプールやアミューズメントを紹介してきました。

今回紹介するのは、愛知県蒲郡にある「ラグーナテンボス」です。

スポンサードリンク

多種多様なアトラクション

以前紹介したナガシマスパーランドと同じようにプールや遊園地、スパや諸ピングエリアを合わせた複合施設なんですが、最新技術を駆使した風変わりで子供も大人も楽しめる斬新なアトラクションが多いのが特徴。

例を挙げると、ライドに乗りながら敵をレーザー銃で倒すシューティングアトラクション「ファイア ファイア ネクスト ~レビアタンの逆襲~」や今話題のVRゴーグルを使った絶叫マシン「ブイアールアドベンチャー」、人気アーティストが登場する3Dの立体映像を360度見渡せる新感覚のシアター「avex 360゜3Dシアター」など多種多様。

「avex 360゜3Dシアター」では現在、リアルな恐竜が暴れまわる「ダイナソーアドベンチャー」、あのファンタジーの世界が広がる「ヘンゼルとグレーテル」、廃墟となった恐怖の病院を巡る「THE ROOM」(16歳以上限定)

個人的に気になるのは、ファイア ファイア ネクスト。 ディズニーランドに行った時にもシューティングアトラクションに入りびたりだったような気がするので、シューティングやスコアアタックが好きな人にははまってしまうかもしれませんね。

実際にキッズ人気ナンバー1のアトラクションらしいので夏休みは長蛇の列ができることを覚悟しておいた方がいいかも?

あ、シューティングといえば、今週の土曜日(16日)に、8月公開の映画「ゴーストバスターズ」をモチーフにしたシューティングアトラクションがオープンするようです。 こちらも楽しみ!

スポンサードリンク

ウォーターパーク

続いてはラグナシアのプールを解説します。

日本最大級の波の出るプール「ジョイアマーレの浜辺」、全長約230メートルの流れるプール「ウロボロスの河」、超スピードで流れ落ちるスライダー「ゼウスの稲妻」、水深が浅いのでお子さんでも安心して泳げる「やどかりさんの海」など子どもから大人まで楽しめるバラエティに富んだプールが所狭しと並んでいます。

また、隣接する「ビーチパーク」では9種類のエア遊具で楽しむことができます。

さらに全身泡まみれになれるこれまでにないタイプの「バブルプール」も登場して、もう楽しいことだらけですね。

プールの数自体は長島スパーランドには劣りますが異国情緒あふれる雰囲気や泡プールなど独自の要素をたくさん盛り込んでいますね。

ラグナシアのウォーターパークは、9月25日(日)までオープンしています。 期間が長いので、比較的余裕を持っていけるのも魅力ですね。

花火スペクタキュラ47夜連続

そして、今年のウォーターパークでは、大迫力の花火スペクタキュラをルナポルトにて7月2日(土)7月16日(土)~8月31日(水)まで47夜連続で開催されます。
水と花火のコラボは楽しみですね。一日中遊びまわれますね。

まとめ

以上、複合エンターテイメント施設「ラグーナテンボス」のラグナシアにある、イチオシアトラクションとプールエリア「ウォーターパーク」を解説しました。

こちらも独特の楽しみがあり、今まで開設した施設と負けず劣らずの魅力がありますね。

公式サイトこちら

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。