ウワサの食卓で新トマト&やせるおかず作りおきダイエット!50代主婦が一年で26キロもやせた方法は?

メタボ

新トマトダイエットと一緒に
ウワサの食卓で紹介されたやせるおかず作りおきダイエット!

以前あさいちで紹介されたんですね。
私は知らなかったので
今回新トマトダイエットを見ようとチェックしてたら
 (新トマトダイエットも詳しく知りたい方の為の記事はこちら
やせるおかず作りおきダイエットにも
ぐいぐい引き込まれました。

やせるおかず作りおきダイエットで
50代なのに1年でー26kgのダイエットに成功。

とにかく痩せたい・・・・でも食べたい!
ダイエットと節約術と片付け

永遠のテーマかしら?やり遂げたいなぁ~~^^

でも待って!

ダイエット方法も親からの遺伝が関わっていますから
調べて見るのも手です。これで調べてみてください【遺伝子博士】

検査の結果3週間で自分にぴったりのダイエット方法がわかります!

スポンサードリンク

ウワサ食卓で紹介のやせるおかず作りおきダイエットとは何?

最近アラフォーやアラフィフの主婦の間で話題となっている
「やせるおかず作りおきダイエット」の事です。

50代なのに1年間で26kgの減量に成功し、しかも3年以上リバウンドなしの
料理研究家・柳澤英子さんが考案
しかもそのレシピ本が10万部を超えるベストセラーになっているのです。
私も迷わず購入しました!!

楽天はこちら↓

Amazonはこちら↓

おかずを作り置いて食べる。
そのおかずは日持ちするものが多く
数日間冷蔵庫に保存できることから
人気が爆発。

50代といえば新陳代謝も落ち更年期真っ盛り。
そんなときにきれいに痩せることができたら気持ちも明るくなりますよね。

作者の方は50代ですがこのレシピは何歳の方でも大丈夫。
食べながら健康に痩せる事が出来るので
新トマトダイエットやライザップスタイルプログラム


さっそくチャレンジ!!ですね。
美容と健康のおいしいとこ取りができるトマトと乳酸菌で青汁!?

ウワサ食卓で紹介されたやせるおかず作りおきダイエットの方法とレシピ

ウワサの食卓で紹介された人気メニューを書いています。

豚肉とキクラゲとアスパラガスの炒め物

材料(2人分)
・豚薄切り肉 100g
・キクラゲ 6枚
・アスパラガス 2本
・ごま油 適量
・卵 2個
・水 大さじ1
・しょうゆ・顆粒中華だし 各小さじ1
・塩コショウ 少々

作り方
①豚肉にごま油・塩コショウで下味をつけます。
②アスパラガスときくらげを食べやすい大きさにカットします。
③①と②をフライパンでさっと炒めます。
④③に中華だしと溶き卵を加えて絡めながら炒めます。

酵素たっぷりの作り置きレシピ!万能酵素ソース

ヨーグルトソース

ヨーグルトに生クリームを入れるので、
こってり&あっさりでバランスがとてもいいです。

材料(2人分)
・きゅうり 1本
・赤ピーマン 1個
・玉ねぎ 1/4粉
・プレーンヨーグルト 大さじ6
・生クリーム    大さじ2
・オリーブオイル  大さじ2
・塩 小さじ1
・粗引きコショウ    少々
・ガーリックパウダー  少々

作り方
①野菜を細かく刻み、しっかり水けを切ります。
②①の野菜、ヨーグルト、生クリームをボウルに入れる。

残りの調味料を入れて混ぜたらできあがり!
超簡単ですね。
酵素をしっかりと摂りましょう。
作り置きでき
何にでもかける事が出来るソースです。

チキン南蛮に合います。

万能調味料ですので
肉にも野菜にもかけて食べて下さいね。

いなり餃子は糖質を控えたメニュー

餃子の皮のかわりに、いなり寿司用の油揚げを使用。
餃子の皮を油揚げにすることで、
糖質約40g(一人分)抑えることができます。

材料(2人分)
・豚ひき肉150g
・ニラ 1/2束
・油揚げ 2枚
・ごま油 大さじ1/2
・塩    少々
・コショウ 少々

作り方
①ひき肉と野菜を揉みこんで加えたらさっくりと混ぜて
 (餃子の具を作る要領で)油揚げにつめます。
②油揚げの口は閉じないでそのままフライパンで焼き
 蓋をして弱火で焼きます。

水を入れて餃子のように蒸し焼きにはしません。
肉に火が通ったらできあがり!
作ってから冷蔵庫で3~4日は保存できます。

糖質制限ダイエットでは大変有名なレシピです。

テレビゲストのの方が「いなりの口を閉じて
鍋に入れるといいかも??」て言う意見も!



キャベツシュウマイ

焼売の皮のかわりにキャベツを使用
色もとても華やかなレシピ。
お弁当に入れるときれいです。

材料(2人分)
・豚ひき肉 150g
・キャベツ 4枚
・玉ねぎ 1/6個
・しょうゆ 小さじ2
・ごま油 小さじ1
・塩 少々

作り方
①ひき肉をよく揉んでから調味料と野菜を加えます。
 (通常のしゅうまいの具と一緒です)
②①のひき肉を丸めて一口大にカットしたキャベツの上に乗せ
 軽く包みます。
③②を耐熱容器に重ならないように並べてます。
 容器の上からふんわりとラップをかけて、
 電子レンジで約4分加熱したらできあがり!

 もちろんたくさん作って
 蒸し器で作ってもいいですよ。
 キャベツの色が熱でとても鮮やかになるので
 きれいです。

 保存期間は冷蔵庫で2~3日

きのこmix

2つの食物繊維をバランスよく摂れるレシピ

材料(2人分)
・しめじ 1パック
・えのき 1袋
・エリンギ 1本
・塩漬けワカメ(塩蔵わかめ) 30g
・赤とうがらし(鷹の爪) 1本(好みで量は調整)
・ごま油 大さじ1
・だし汁 300cc

作り方
①鷹の爪は水で戻し小口切り。
 きのこ類は食べやすい大きさに切り、
 ごま油で鷹の爪と一緒に炒める。
②煮立たせただし汁と①を合わせます。
③塩漬けワカメは洗って塩を落とし、
 一口大の食べやすい大きさにカットします。
④②に③を乗せたらできあがり。。

もちろん冷蔵庫で2~3日保存可能
お夜食にもいいですね

アボカドチキン

材料(2人分)
・鶏ささみ 5本
・ブロッコリーの芽 1パック
・アボカド 1個
・マヨネーズ 大さじ2~3
・ゆずこしょう 小さじ1/2

作り方
①ささみとブロッコリーの芽を2~3分茹でます。
②アボガドの皮と種を取り、一口大に切り①と合わせます。
③②とマヨネーズ、柚子胡椒を加えざっくりと混ぜてできあがり!

保存期間 冷蔵で2日

スポンサードリンク

やせるおかず作りおきダイエットのコツはウワサの食卓やあさイチで紹介

やせるおかず作りおきダイエットの大事な三つのポイント

糖質を控えて体脂肪を作らない
・バランスを考え2種類の食物繊維をたくさん食べる
・代謝を助ける酵素をたっぷり摂る

糖質を控えて体脂肪を作らない。

糖質を取ると血糖値が上がり
インスリンというホルモンが分泌される。

インスリンは体内の糖分を脂肪として蓄える
働きがあります。糖分の摂りすぎに注意です。

上記メニュー例では
いなり餃子やキャベツしゅうまいです。
皮を変えるだけで糖質を控え
体脂肪をつくらずにすみます。

おそばとステーキでは
ステーキがお勧め。

100g当たりの糖質の量が
おそばは24g ステーキは0.3g
カロリーはステーキの方が高いですが
この作り置きおかずダイエットは
糖質に注意です。
ステーキを食べましょうね。

照り焼きハンバーグや
焼き鳥・焼き肉のたれは砂糖やみりんが
多く入っていますから控えましょう。

☆糖質がダメと言っても
おやつが食べたい時もありますよね。
間食はアーモンドやチーズ
糖質の少ないものを選びましょう。

このお得なアーモンドはとても食べやすく
持ち運びもできいつでもどこでも食べました。

糖を摂りすぎると美容の面でも影響が出ます。
老化は糖化と酸化から始まります。
余分な糖が蛋白質と結びついて老化促進物質になります。
しみやしわの原因になるという事です。

バランスを考え2種類の食物繊維をたくさん食べる

食物繊維には二つの種類がありそれぞれに主な働きがあります。

水溶性食物繊維:消化吸収を緩やかにして腹もちを良くする。
不溶性食物繊維:老廃物を排出する

水溶性食物繊維を多く含む食品
  わかめ・オクラ・アボガド・山芋・納豆・こんにゃく

不溶性食物繊維を多く含む食品
  ゴボウ・豆類・きのこ類

バランス良く二種類の食物繊維を摂ります。

そしてこの二つを併せ持つ食品があります。

なんと【きくらげ】
きくらげはゴボウの13倍の食物繊維が含まれているというから驚きです。

代謝を助ける酵素をたっぷり摂る

酵素とは??
酵素水とか酵素風呂など酵素を耳にすることが
多くなりました。

酵素とはたんぱく質の一種で栄養や脂肪を分解して
代謝を助ける物質です。

酵素も二種類あり
体内酵素と食物酵素

・体内酵素は消化や代謝。
・体内に入って働きを助ける食物酵素

酵素は生の野菜や生の果物に入っています。
酵素が多く含まれている野菜
  山芋・大根・カブ・キャベツ(レタスの5倍)

酵素といえば発酵食品
  納豆・ヨーグルト・お漬物・キムチ

お肉や野菜の付け合わせの大根おろしやレモンなども
酵素が含まれていますので必ず摂りましょう。

上記の万能酵素ソースがおススメです。

酵素をぜいたくにたっぷりと摂るには?

・お手軽派は無農薬で作られたおススメ酵素 優光泉
優光泉健康訴求

・じっくりとご自分で作りたい派は

スロージューサーがお勧め

番組で紹介されたシャープのスロージューサー
【ヘルシオジュースプレッソ:EJ-CF10A】

通常のジューサーでは回転刃の速度が速いため
酵素を壊す可能性があります。
このスロージューサーは名前の通り
ゆっくりと食材をすりつぶすので
酵素を壊さずジュースとして手軽に飲むことができます。

酵素は細胞の内側にあるので
噛んで食べるより”すりおろし”の方が
数倍酵素が摂取できます。

 

外食の時は食べる順番で痩せる事が出来る!

外食の際は食べるものが選べるバイキングにしよう!
食べても太らない順番がある!

①生野菜:酵素がたっぷり、消化の準備をする。
②加熱野菜:きんぴらゴボウや煮物・大根おろし
      食物繊維をたっぷり摂ってお腹を膨らます。
③主食:ローストビーフや魚、糖質の少ないもの
    たんぱく質をたっぷり摂って筋肉の元を作る
④炭水化物:欲しくなればご飯。白米より炒めてあるチャーハンやリゾット
    お米を油でコーティングしているため血液の中で
    糖分の吸収がゆっくりになる。

※お皿に盛る際も
 種類をたくさんとらずテーマごとに一品。

バイキングといえば元を取ろうと
てんこ盛りにしていまう一般主婦ですが・・・
優雅に少しづつ食べましょう。

(そういえば早食いは太るって聞いたことがある^^)

      

まとめ

やせるおかず作りおきダイエットは健康管理にもいいですね。
メタボな家族にも
ぜひ作ってあげましょう。

夕飯の一品やお弁当のおかずにもなるので
時間がある時にたくさん作り置きして
健康と美しさの両方を手に入れましょう!

結果を急がず過程を楽しみながら
ゆっくりと痩せるのがコツです。

一年後が楽しみです(#^.^#)

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。