台風15号はいまどこ?九州と山口に上陸のおそれ?米軍予想は?

台風画像

台風15号【コーニー】の進路が気になります。
沖縄地方を暴風域に巻き込み北上中。
最新の情報をまとめました。

夏休みも終盤ですが旅行計画のある方は
事前に調べて足止めにならないよう
充分に注意してくださいね。

スポンサードリンク

台風15号はいまどこ?

8月23日22時30分現在は
石垣島付近にあって、北北東へ毎時15kmで進んでいます。
23日夜遅くにかけて、先島諸島にかなり接近、
24日には、沖縄本島と奄美地方に近づくおそれがでてきました。

気象庁22時

【08月23日22時30分の様子】
・強さ      強い
・存在地域    石垣島付近
・進行方向    北緯24度30分東経124度00分 北北東
・速さ      15km/h
・中心気圧    940hPa
・最大風速    50m/s(中心付近)
・最大瞬間風速  70m/s
・暴風警戒域半径 全域190km

台風15号は九州と山口県に上陸の恐れがあるの?

長崎に上陸後、山口県の西部・下関市に接近の可能性が大きくなりました。
台風の進路の東側は特に風が強いので
早めに家の周りの片付けを済ませましょう。
(物干しざお、植木鉢、傘、ゴミ箱など)

思いがけないものが飛んだりします。
目の前で大きな物置がサイコロのように回転して
壊れた事があります。

念には念を入れて台風から身を守ってください。
万一の停電や断水に備えての準備も忘れないで下さいね。

これ便利でした。
電池不要の手まわし充電
携帯の充電は助かりました!

ペットボトルの水やラジオ、懐中電灯
用心に越したことはありませんので!

台風は自然災害の中でも予測でき
充分な準備をする時間があります。
早めの対策を考え避難場所の確認もしておきましょう。

スポンサードリンク

台風15号の米軍の進路予想は?

米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表する
ハワイからの台風情報があります。

本来はアメリカ政府機関が利用する情報ですが、
一般の人、誰でもアクセスができるのです。

見慣れた気象庁の天気図とは
少々、図のイメージも違いますね。
韓国にも基地があるので各地の台風情報が
書いてあります。

米軍合同台風警報センターの予想地図を見てみる
※台風の名前の所のTC Warning Graphicというところをクリック
※地図中はアメリカの時間です。時差の9時間を足すと日本時間になります。

米軍22時≪画像出典元:米軍合同台風警報センター(JTWC)HP≫

米軍の台風情報では少し西寄りで進路をとっています。
米軍予報でも山口県への上陸は免れないようです。
長崎や佐賀、博多への上陸もずれるかもしれませんね。

いろんな種類の予報図を見ると違いもあり興味深いです。
自分で進路を考えて予想してみるといいですね。

台風のニュースで聞くヘクトパスカルって何?

hPa(ヘクトパスカル)
台風のニュースになると耳にするヘクトパスカル

「台風○○号の中心気圧は925ヘクトパスカルです。」というように
使われています。
ヘクトパスカルは気圧の単位です。
23年前まではミリバールmbarと言われていました。
1992年から国際基準に合わせてヘクトパスカルに変更になりました。
平成生まれの方はhPaヘクトパスカル世代なんですね。

hPaの真ん中だけ大文字なのは
ブレーズ・パスカル(1623年~1663年)という
人の名前にちなんでつけられたからです。
フランスの哲学者でありなおかつ
優秀な自然科学者です。

圧力の概念を長年研究、その功績をたたえて
1971年よりヘクトパスカルを使うようになりました。

ヘクトというのは100倍という意味があり
ヘクタールなど面積の単位にヘクトが使われている。

この気圧の単位ヘクトパスカルの値は
数字が小さいほど台風が大きい傾向にあります。
戦後最大(死者が約5000人)と言われる
1961年の第二室戸台風で925ヘクトパスカルでした。

まとめ

今年は本当に台風が多いですね。
16号は太平洋で日本列島に直接影響はないようです。

ただ空の上では台風が二つ発生して
影響し合っています。
突風やゲリラ豪雨には充分気をつけましょう。

何か少しでも変わった事があれば
すぐに情報を集めて避難することも
考えて下さい。

取り越し苦労になっても構わないので
充分な防災・避難準備をしましょう。

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。